<< 薔薇とワイン LEMONGRASS HOUS... >>
pavilion #901@amanpuri 其の弐
Bangkokの情勢、新たな展開がありましたね。しかし混乱は増すばかりで、タクシンのお膝元
Chiang Maiなど東北部にも広がっているそう。。

全く平和だったPhuket@GW、泊まったpavilionレポの続きです。
チェックインが夜だったので室内の写真は夜のものだけ。
ちらかし星人なので一夜明けるともうダメなのです。
a0086340_211001.jpg

a0086340_21123851.jpga0086340_21125951.jpg
ベッドルーム・エリアです。
pavilionは寺院を模した高さのある建物なのですが、室内は何気に天井が低いです。
このベッドルームとバスルーム合わせての広さはamankilaのsuiteと同じくらいでしょうか?
お部屋だけだとプライベイトプールもないし狭いやん! で、Banyan TreeやTrisaraの方が良いわって方もいらっしゃるでしょうね。
amankilaと同様室内にふたりがゆったり座れるソファもないけど、アウトドアのサラがリビング代わりだから問題なしです。ひとり泊まりの私的には適度な広さ、woodyな内装で快適に過ごせるお部屋でした。
openが1988年(aman resortsは此処からスタート)ですが、きっちりメンテナンスされており全く不具合ありません。




a0086340_21342963.jpga0086340_21345478.jpg
a0086340_213528100.jpga0086340_21354319.jpg
フルーツはてんこ盛りです。毎日色々補充されます。
ケトルはリクエスト・ベース。カップとお砂糖もsetting。
お水もたくさんstand by。
最初口に含んだ時、ちょっと甘みがあってダメかも?感があったのですが慣れました。
コンプのシャンパーニュはフルボトルで何よりも嬉しい♪
現在amanpuriのhouse champagneはBillecart-Salmonのようです。
レストランのグラスもそうでした。確か800++バーツ、pavilionのミニバー内ハーフボトルで1800++バーツ。
ええお値段します。(苦笑)
[PR]
by bunga5 | 2010-05-20 22:09 | 旅・Thai | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bunga55.exblog.jp/tb/10655485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by momokka at 2010-05-21 10:28
おなじちらかし星人のmomokkaです。
プーケットは平和だったのですね~。
woodyな内装は私も好きです♪
お部屋でシャンパンかぁ~。いいなぁ。ウットリ。
ところで
フルーツのかごの中の琵琶のような物はなんでしょうか?
Commented by bunga5 at 2010-05-21 21:55
●momokkaさん、こんばんは。
旅先ではちらかし星人になってもハウス・キーピング担当の方が片付けてくれるので嬉しいやら恥ずかしいやらですね。。

ビワみたいなフルーツ=ちっちゃいおじゃがみたいなやつ?
これは確かラムックとかいうやつだと思います。
今回は旬じゃないのでいただきませんでしたが。。
タイではポメロが好きです。サラダとかでいただくのも美味しいです。
<< 薔薇とワイン LEMONGRASS HOUS... >>