<< Inter Continent... インド・点描 @ 2007 >>
Istanbul そぞろ歩き・water front編
a0086340_23222363.jpg

朝晩はめっきり涼しくなって参りました。すっかり忘却の彼方となりつつある夏のイスタン&サントリーニの旅。
写真に写っているジャーミィは??既に失念。

今回滞在したのは新市街のジハンギルというエリアだったので、旧市街へは行きはトラム、帰りは徒歩でガラタ橋を渡って行き来しました。ガラタ橋は新旧の街の間にあるHalic=金角湾に架かる橋です。上部はトラムや車が走り、下部にはseafood レストランが軒を連ねています。
橋の袂にあるエミノニュ桟橋からはボスポラス海峡を渡る連絡船や遊覧船が多数出ていて賑やかです。

a0086340_23411223.jpg
ボスポラス海峡、蒼いです。
右手後方はアジア・サイドです。
この海峡がアジアとヨーロッパを分けてると思えば、感慨もひとしお。

a0086340_23481844.jpg
ガラタ橋の袂で釣りに興じるおじさん達。
橋の上部にも釣り人がたくさんいらっしゃいました。
バケツを覗くと小さなイワシ?のようなお魚が一杯。
a0086340_23511794.jpg
橋を渡って新市街サイドへ。
カラキョイのwater frontにはオープン・レストラン等が並び、まったり海を眺めて過ごすには良さそう。
こちらにも釣り人多数。皆上半身裸ですな。
私が訪れた時は連日35度越えでとにかく暑かった...。
路上には釣り道具を売るストールも出てました。







a0086340_23582628.jpg


a0086340_08321.jpg
ガラタ橋の下部はこんな感じでレストランが並んでます。

とりあえず一番旧市街側のお店がカジュアル&お客さんも大勢入っているので入店。

名物?のサバ・サンドをいただきます。
お供はトルコのビール EFESです。
テーブルにはお塩とポッカレモン的なものがあるのですが、日本人的には醤油が欲しいっ!!
でもエーゲから此処までずっとオリーブオイル、トマト、もけもけチーズetc.に飽きてきてた口にはありがたい一品でした。

今回の一等賞あげたいです♪

[PR]
by bunga5 | 2010-10-18 00:23 | 旅・その他 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bunga55.exblog.jp/tb/11439328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by momokka at 2010-10-20 00:04
え????
魚のサンドイッチに1等賞なんですか?
↑の寺院のお写真も素敵なのに
先にこんな感想が口から・・・。

焼き魚とパンって合うんですね~。
どうしても想像できないです。
でもbungaさんが美味しいって仰るんだから間違いないんでしょうね。
いつか食べたいトルコの1品となりました。
Commented by bunga5 at 2010-10-20 01:20
●momokkaさま、こんばんは。
そうなんです、1等賞。...でも@食べ物編です。
サントリーニのサンセットやイスタンの名所旧跡とかは別です。。

このサンド、感覚的にベトナムのフランスパンにお野菜やらetc.はさんで最後にヌクマヌという現地のお醤油をかけて食べるサンドウィッチに似てるかも。
サバとパンって普段なら絶対ないですよね。
でもね、この時は美味しく感じたんですよ。
アジアの味に飢えてたんだと思います。(笑)
<< Inter Continent... インド・点描 @ 2007 >>