<< 夜の蘭桂坊 GW旅@2011 >>
金色スーツケースの受難
短期の旅以外で使っているのはRimowaのTopas Goldのスーツケース。
過去にもインドネシアのカスタムでは必ず×印が付き、持ち込み本数オーバーのワインに対しての賄賂を要求されたりで、、丈夫だけど難儀な代物。
今回新たな難儀話が香港でも。。

今回の旅は香港でまず1泊。関空を朝9:20発でお昼過ぎにはHKG到着。
昨秋e-道利用の手続きをしたのでイミグレの長蛇の列をスルーし入国。さっさとバゲージをピックアップまでは順調。
カスタムに向かう途中で、、
男「すいませ〜ん、香港ポリ〜〜スです〜」と声がかかる。
私「はぁ?」
P「これは貴女のスーツケースですか〜?」
私「そうですが。貴男のID見せてよ」
ID見る限り一応香港ポリ〜〜スの模様。でもジャッキー・チェンみたいな感じではなく学生風。
P「バゲージのクレイム・タグとパスポート見せて下さい」
私「何でやねん?」と思いつつ提出。Pは私のデータを控えている。
P「最近香港ではこのタイプのスーツケースの盗難届けが多くて…なんちゃらかんちゃら…」
私「だから〜これは私の荷物だってタグでわかったでしょ! そのデータのメモ返してよ!」
P「このデータは必要なのです。これも任務なんで。。」
全く意味わからん!!香港警察にあっしの個人データの記録が残るのはイヤだったので、
「返せ」「ダメ」みたいな押し問答を繰り返してる内にもうひとり香港ポリ〜〜スが加担。
このメンズもジャッキーとはほど遠いタイプ。
ひとしきりやりあった後に彼らは諦めてデータを控えたメモを返してくれました。
そしてとりあえず二人のID#と名前を控えたメモを持ってやっとカスタム通過。
早く着いたけどここで30分程のロスタイム。

どうやらRimowaのTopas Goldは中華圏では人気がある模様。とんだ災難です。






a0086340_2343620.jpga0086340_2345522.jpg
今回利用したCX(キャセイ)のフライト全4区間の内、HKG→KIXを除く3区間は秘密基地的シートでした。
写真はKIX→HKG、A330にも今はこのシート装備のshipがあるのですね。
どうせなら最後の帰国深夜便(夜逃げの様なスケジュール)がこれだったら疲労度も少なく済んだのに。。
HKG-DPSは往復とも747でアッパー・デッキにしました。
閉塞感はあるものの一人で利用する分にはプライバシーも確保出来て悪くないシートです。
[PR]
by bunga5 | 2011-05-12 23:22 | 旅・Bali | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunga55.exblog.jp/tb/12566375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜の蘭桂坊 GW旅@2011 >>