<< amansaraへ Jo Malone @ TG >>
Siem Reapへ
今回の旅はまずタイ航空深夜便でバンコクまで、そしてBangkok AirwaysでSiem Reapへ飛びました。
BKK-REPは便数も多くSiem Reapへ行く定番ルート。

a0086340_23234859.jpg
8/25は普通に仕事、ほぼ定時に業務終了し帰宅。packingしてシャワーを浴び、軽く食事をして出発です。
KIX出発が00:30なので自宅を21:30に出れば余裕。仕事が立て込んでいる時は出社時にバケージを持って出れば、ほぼ同じ時間まで仕事出来るリーマン的にはお助けフライト。

TG673便は現在はA330での運行です。3月にKrabiに行った際とshipは変わってましたが、シート等機内装備はさほど変化なしでした。
a0086340_23382765.jpg
このフライトでは離陸後に軽食が出ますが、私はパスし寝ます。

到着前の食事(朝ご飯)はインスタントヌードルをリクエストする事が多いです。
インスタントとはいえ、、こんな感じでサーブされます。
ワカメやナルトがトッピングされてますが、ナンプラーや唐辛子等貰ってなんちゃってタイ・ヌードルにします。
a0086340_234746100.jpg
ほぼ定刻の04:30前にBKK到着。
KIXでチェックイン時にエアライン違えど最終目的地Siem Reapまでバゲージもスルー、PG(Bangkok Airways)のボーディングパスも貰えたので楽ちんです。
PGのRep行きはC席設定のないフライト、
しかしPG利用者は誰でもBlueRibbon LoungeというPGの自社ラウンジを利用出来ます。早朝に着いて3時間強の待ち時間でしたが、Wifiも利用出来るし、コーヒーや軽食等も用意されてますし助かりました。
難点は場所が解りづらい。Aコンにあります。
a0086340_00337.jpg
朝8:00にバンコクを発ちSiemReapに向かいます。
shipは以前ルアンパバーンに行った時と同じプロペラ機です。
ターミナルからバスに乗って沖止めの飛行機後部から乗り込みます。

1時間のフライトですがbox mealとコーヒーとかお紅茶のサービスがありました。
ブロガー的には試さないと、、
右のチョコ・マフィンは2/3ほど食べました。(苦笑)
a0086340_072032.jpg

飛行中は雲に覆われ下界は見えませんでしたが、
Siem Reapに向けて降下中の機内から。

乾季は畑や田んぼだったと思われる所も冠水しています。
トンレサップ湖の一部なのでしょうか?
雨季には乾季の3倍の大きさになるそうです。

しかし、、雨降ってる....。(涙)
a0086340_0134524.jpg定刻09:10にREP到着です。
小さな空港故ボーディング・ブリッジはありません。
雨が降ってた所為でしょうか、バスは飛行機に横付けされ濡れずにすみました。
乗って来たship、カラフルなお魚ペイントでした。
カンボジアは観光客でもビザが必要。
インドネシア同様到着時に普通にカウンターで取得出来ます。
到着便の搭乗客も50人位なのでさくっと手続きが済みます。
ビザ代はUSD20、写真はパスポート・サイズでOKでした。





自宅を出る時履いてたカンペールのサンダルの具合が何かおかしい。。久々に履いた所為なのか??

a0086340_0233045.jpga0086340_0235195.jpg
歩けば歩く程ダメージが大きくなりcheck-in後ラウンジで見たらこんな悲惨な有様。(滝汗)
自宅を出る時は元気な姿だったのですが....、太りすぎたオイラの体重を支えきれなかったの?
そんな訳ないわな〜〜。
不幸中の幸いだったのが、自宅出発前にこましなサンダル一足持って行こうと思い、機内持ち込みの子リモワに放り込んだモスキーノ。
とりあえずこれに履き替えて、カンペールさんはTGラウンジのゴミ箱行きとなりました。
あ〜びっくりした〜〜。
[PR]
by bunga5 | 2011-09-04 00:43 | 旅・その他
<< amansaraへ Jo Malone @ TG >>