<< TonleSap Airlines The Deck @ Arun... >>
食 @ amansara
amansaraでは室料に+して以下のチャージがかかります。

Compulsory board and touring charge of US$100++ (US$125++ from 1 November 2011) per person per day.
Inclusions: breakfast and choice of lunch or dinner daily, house beverages, twice daily private guided tours of the Temples of Angkor in an Amansara remork (moped-powered trishaw) with an English speaking guide and round trip airport transfers.
1日2食(朝食+昼食か夕食)、ハウスドリンク(beer,wineなどstdなアルコール、客室内mini bar含)、
1日2回のoutingという名の観光(日本語ガイド&車両)、マーケットなど近場に出かける際のルモック代がinclude。

a0086340_21193115.jpg
1日2食の朝食に入らないpre朝食?....しっかり朝食なんですが。。
朝のouting前にお部屋に届くcontinental朝ご飯。
前日スタッフにオーダーします。
ジュース、コーヒーか紅茶、ブレッド類。
ブレッドはクロワッサンとかデニッシュ、トースト等、
ジュースはオレンジ、マンゴーetc.リクエスト可。
朝のoutingは2-3時間あるので何か食べておかないと..です。
a0086340_21311766.jpg

outingから戻ったら良き時間にあらためて朝食をとれます。(料金はincludeです)
この日はルームサービスでクメールのお粥(きのこと海老がたっぷり)、フルーツはマンゴー&パパイヤ、マンゴージュース(ここのホント美味しい♪)、8分ボイルのゆで卵1個、何かブラウントーストも付いて来た。。
お腹に余裕が有る方はもっと他にもオーダー可能です。
朝のoutingから戻るのが9-10時位、シャワー浴びて〜とかしてたら朝食いただくのは11時位で、
時間的にはもうすっかりお昼ご飯な感じです。
レストランにはつまみ食いOKなケーキとかチーズが常にあるので、、ランチは要らないです。
2食設定なのはそんな訳もあるんだなと。。

a0086340_2141867.jpga0086340_21421091.jpg
a0086340_2142582.jpg上の朝食と被らない別日のmenu。
クメールの麺はお米で出来たもの。フォーのような感じです。(@2日目)
フルーツ・ヨーグルトもたっぷり。(@3日目)
フレンチトースト星人的にはチェックしないと。。(@3日目)
amansaraのものはパイナップルとカスタードをフィリングしコーンフレークを衣状にして焼いたもの。
最初2日はクメールで攻めてたので、、レストラン・マネージャーが3日目は「どーしたの?今日はsweet dayなの?」って。。(笑)
確かにかなり甘甘でした。





a0086340_21573046.jpga0086340_21582387.jpg
a0086340_21592057.jpgamansara初日は10時過ぎには到着したのでランチをいただきました。アラカルトでと思ったのですが、fixed menuのみ。
home foodというクメールではない欧系menuからトマトとモッアレラのサラダとレモン&海老のリゾットを。
starter&mainともに2-3種からチョイス可能。
starterのヴォリュームは結構なもんでしたが、リゾットも繊細なお味で美味しくいただけました。
ちなみに昼食or夕食がincludeですが、どちらも食べるよ〜って場合、追加1食/別料金USD35です。
3コースなのでかなり良心的なお値段かと思います。

...で夜は何を食べたの?ですが、
暗いレストランではフラッシュなしでは撮影出来ない&他のゲストもいらっしゃるので写真無し。
こういった場所で撮影しないのは私のポリシーであります。

1回だけいただいたクメールのものは野菜、お肉、お魚などが現地のスパイスや香草で味付けされた5種類程の料理が個々の器で並びます。
クメール料理はタイほど辛くなくmildです。甘酸っぱい感じでしょうか?
2晩目の食事の際にGMに「クメール料理は辛さのパンチがないですね」と話したもんだから、、
「明日は貴女の為のspecial menu用意するね!」と3晩目はインド料理をいただく事になってしまいました。
此処のシェフ、インドの方だったのです。
しかし何故にカンボジアでインド飯なんだ..? 年初インド行ってるんですけど...です。(苦笑)

余談)
今回3晩目にレストランで遭遇した日本人カップルは男性は短パン&ビーサン&女性はスウェット・パーカ着用で、おまけにフラッシュ使いまくりで写真撮影。
amansaraは観光のbaseなので滞在ゲスト皆さんお昼間は凄くラフな服装ですが、夜になると男性は襟付きシャツ(ぱりっとした麻とか)に長パンツ、女性はリゾート・モードなワンピースとかです。
smart casualの解釈の違いでしょうか。。むむむ...です。
[PR]
by bunga5 | 2011-09-28 23:08 | 旅・その他
<< TonleSap Airlines The Deck @ Arun... >>