<< Tamarind Villa... Tamarind Villa... >>
Tamarind Village Chiang Mai ・其の弐
a0086340_20313635.jpg

a0086340_20322521.jpg

其の弐は客室編。今回はホテルのサイトからsuite roomに朝食、往復送迎、spa treatment込みのパッケージで予約しました。ホテル到着は朝の10時頃でしたがすんなりお部屋に案内していただきました。
Tamarindは全45室とブティックホテルにしては規模が大きいのですが、旧市街内の限られた敷地にあるプロパティのため各居室はそんなに広くありません。
コチラはsuiteの#2204。suiteは普通のが2室とspa suiteが1室です。スタンダードのお部屋が42室。

a0086340_20424317.jpga0086340_20431029.jpg
上の4点の写真はsuiteのリビングルーム。入り口のドア開けたらすぐこのお部屋です。(苦笑)
アンティークの家具やラグ、北タイっぽいクラフト感ある小物で設えられた暖かみのあるインテリアです。
バルコニーもありますが庇が外光を遮り室内はやや暗めです。
HPに載ってるsuiteは横長フラットなfloor planでしたが、2204はメゾネット・タイプでした。
2枚目写真の左のステップを上がった奥にベッドルーム、上がってすぐ右手がバスルームです。

a0086340_20534376.jpg

ステップを上がったところのリビングとベッドルームを繋ぐ廊下。

a0086340_20563218.jpga0086340_20564690.jpg
a0086340_20572260.jpg

シンプルなベッドルームですが、凝った装飾のブランケット・ボックスやbambooのフォールディング・チェア、デスクトップ・ライトなどちょこっと北タイのフレーバーが。。





a0086340_21123395.jpga0086340_21125679.jpg
stdの客室にはバスタブはないようですがコチラにはありました。シャワーの湯量も充分です。
バス・アメニティはオリジナルのもの。鏡に映り込んだ扉はクローゼットです。
バスルーム内も段差があり、夜中にトイレに行く際は足元要注意です。

a0086340_21215893.jpg

全体的に客室は暗めなのですが小さなバルコニー(椅子が2脚あり)からは眩しい中庭を臨めます。
写真左端に見切れているのは樹齢200年(しつこい?)のtamarind tree、真ん中辺りがレセプション。
この木をリスが昇ったり降りたり、外出から戻ってふと見ると猫がバルコニーの椅子で丸くなってたり...
街中のオアシスのような空間です。
[PR]
by bunga5 | 2012-05-20 21:40 | 旅・Thai
<< Tamarind Villa... Tamarind Villa... >>