<< Myanmarの旅 其の参 (... Myanmarの旅 其の壱(1... >>
Myanmarの旅 其の弐(18,Jan,2015)
a0086340_19452152.jpg

写真はシュエダゴォン・パヤ東参道入り口に向かう道です。

1/18 シュエダゴォン・パヤの観光を終えて11:00過ぎにホテルに戻り〜ミャンマーの国内線の預け入れ荷物重量リミットは20KGなのでサブバッグに荷物分散します。
12:00にチェックアウトし空港へ。ホテルでタクシーお願いしてKs6000。行きより安いですやん!

a0086340_1946446.jpg

道中デジャブ?? 関西人にはお馴染み?関西空港リムジンバスがっ! ミャンマーでは日本の中古車がやたら走ってます。(右側通行なのですが日本車の右ハンドルがそのまま)

a0086340_19472944.jpg

空港までは行きと同じくタクシーで45分位。ヤンゴン空港国内線ターミナル内部は超アナログ。どこに行けばいいのかさっぱり? 私のフライトは14:30発だったので13:00にチェックイン開始、搭乗券を貰い〜別場所に荷物係のスタッフが荷物を運びアナログの重量計でチェック(…オーバーしててもほとんどOKな感じ)~運んだスタッフがタグをつけるみたいな… なのでカウンター前はチェックインする人やら荷物運ぶスタッフやらでぐちゃぐちゃ。(写真はチェックインが始まる前に撮ったのでまだフツウな感じです)
搭乗gateホールも電光の案内表示とかなく、各社スタッフが搭乗間際にボードを持って叫ぶ…みたいな感じで、自分のフライトはどんな状況なん?も直前まで不明なカオス状態でした。
私のBagan(Nyaung U)行きのエア・カンポーザ便は直行便ではなく、インレー湖最寄りのHEHOを経由するフライトでした。RGN-Baganの直行便は何故か早朝発ばかりなのです。少しはヤンゴン観光もしたかったので経由便にせざるをえなかったのですが、ディレイもなく..というか予定より30分繰り上がって出発しラッキーでした。HEHOまで1h弱〜バスみたいに乗客の乗り降りが済んだらすぐ出発〜30分位の飛行でBagan(Nyaung U)到着です。
長閑なNyaung U空港、以前訪れたラオスのルアンパバーンのように手押し車で荷物を運んでました。
空港でBagan入域料USD20を払います。お宿Bagan Hotel River ViewがあるOld BaganまではタクシーでKs6000、こちらも料金は決まっているようです。
ホテルまでは20分位。道中で翌日からの観光の売り込みが当然ありますが、ここはリサーチの場。タクシー1日チャーターがUSD35、馬車がUSD25と。。これは現地通貨Ks35000、Ks25000でもOKみたい。

a0086340_19493853.jpg

a0086340_1950193.jpg

a0086340_19501895.jpg

a0086340_19503524.jpg

Old Baganのお宿にチェックイン。エーヤワディ川沿いのゆったりした敷地内にはブーゲンビリアが咲き誇り平屋の宿泊棟が点在しています。レストランの近くには11世紀に建てられたパゴダもあります。
水回り含め客室の経年劣化は否めませんが、朝晩は15度以下になる&パゴダによじ登ったりで足腰疲れるのでバスタブがあり熱いお湯が普通に出るのはありがたい。
フロントスタッフさんによると10年以上前に日本の女性誌にも載ったんだって言ってたけど...
到着後は早速エーヤワディ川沿いのレストランへ。残念ながらサンセットには間に合いませんでしたが残照を目でつつ夕食。辺りからは仏語&伊語、ミャンマーは圧倒的にヨーロピアン、特に仏人ツーリストが多いようです。
[PR]
by bunga5 | 2015-02-12 20:01 | 旅・その他
<< Myanmarの旅 其の参 (... Myanmarの旅 其の壱(1... >>