<< ドンディス札@タンジュンサリ Pulau Seribu >>
凄いibu@amanjiwo
a0086340_236371.jpg

amanjiwoには3泊して3つのアクティヴィティがコンプのPKGで滞在しました。
12種類の中から選べるとのことで、到着後早速パーソナル・アシスタントと相談して、Jetlag TreatmentとPijatというDeep Massage、ボロブのサンライズ・ツアーとそれにくっつけてインタレクチャル・ツアーをお願いしました。
アクティヴィティは料金の高いモノから3つが自動的にコンプになるとのことだったのですが、チェック・アウトの際に明細を見ると4つ全部をコンプにしてくれてました。
ボロブの2つはコンバインしたからOKとのこと。太っ腹です!

・・で到着は夕方18:00を過ぎていたのですが、深夜便を利用して現地入りしたので、どうしてもすぐにJetlag Treatmentを受けたくお願いしたら20:00からOKでした。
ジオにはちゃんとしたSpa施設はなく#16のsuiteがSpa部屋です。
この日の担当はタリさんというibu。Jetlag 〜はまずボレで足をスクラブしてから全身マッサージに入ります〜ヘッド&フェイス・マッサージの後、目の廻りにきゅうりジェル・パック、足にはすっきりミント系ジェルを塗っておしまい。
大阪から飛行機を乗り継ぎ15時間かけてやってきた身もすっきり!

3晩目にはPijatを受けました。この日の担当はリリアさんという70歳を超えたibuです。
PAが「specialなibuを手配します。でも凄くプレッシャーが強いので大丈夫ですか?」と相談した時に言ってたのです。このibuはお母さんもおばあさんもマッサージ師で何だか特別な才能を持ったDukun(ヒーラーみたいなの?)らしい。英語も話せないし、マッサージ中のコミュニケーションが多分とれないだろうから、痛かったら「パナン」と言ってねとアドバイス。(パナンはsoftなのか?)
上の写真がリリアおばあちゃんです。小ちゃな身体なのにホント凄い!!
タリさん同様、ツボを的確にぐいぐいpushしつつ流れる様にマッサージ。ロング・ストロークに慣れた身には新鮮です。始まる前に「パナンでよしなに!」とお願いしたので、強すぎて悲鳴をあげることもなく、でもかなり痛気持ちいい感じでしたが。。
う〜ん、今まで受けたマッサージで最高でした!
当日の朝はボロブを歩き回ってきたのですが、翌日以降筋肉痛もなかった。
このibuのマッサージ受けるだけのためでも又ジオに行きたいです!
[PR]
by bunga5 | 2008-05-09 00:08 | 旅・その他
<< ドンディス札@タンジュンサリ Pulau Seribu >>