<< 別日のサンライズ 客室内備品をリクエストする・・ >>
Dawn at Borobudur
amanjiwo滞在で一番楽しみにしていたボロブドゥールでサンライズを見るアクティビティ。
到着後にパーソナル・アシスタントさんとパッケージのアクティビティについて相談した際、「明日はお天気が良さそうだから、明日行けば?」とアドバイスうけたのですが、、何せ深夜便で現地に夕刻着でヘトヘトだった私、翌朝4時起きは絶対無理だと思い、3日目の朝にしました。。
後で思えばアドバイス通り、2日目に行っとけば良かったんですが・・。

以前はこのアクティビティはミスティカル・エレメントという名前だった記憶がありますが、客室のブローシャーにはDawn at Borobudurと記されてました。
まず早朝4:00にwake-up call、4:30頃にBarでオレンジ・ジュース、コーヒー、クロワッサン等で腹ごしらえをして、4:45出発です。
辺りはまっ暗だけどやや曇ってる模様。車はゲスト一組に一台用意されてました。

現地に着くとまずマノハラ・ホテルのロビーに行き、同行のドライバー氏が懐中電灯を貰います。そして他のゲストと一緒にバスに乗ってボロブの近くまで行きます。
暗闇の中、遺跡の急な階段を登る足元をドライバー氏が照らしてくれます。
10分くらいかけて上部に到着〜〜。

すると〜〜、
a0086340_22441036.jpg

一番上の大ストゥーパ下のベスト・ポジションが〜〜、何だか凄い事になってます。
ドライバー氏が事情を聞きに行くと、インドネシア国内産タバコ・メーカーのCM撮影だそう。総勢30名くらいのスタッフがわらわらと作業しています。
静寂の中で夜が明ける光景を楽しみたかったのに・・、かなりがっかりです。
とりあえず気を取り直して、クルーからちょっと離れた場所で夜明けを待ちます。

a0086340_2253343.jpg

この日は雲が多く、霧も出てました。
私はひとりなのでか?ドライバー氏も横に座って一緒に日の出を待ってくれてます。
「この前日本の女優さんが雑誌の取材でジオに滞在し、ここにアテンドしたんだよ」とのこと。4月のJALの機内誌で中谷美紀さんがこちらを訪れた記事を見てたので、「中谷美紀さん?」って聞いたらビンゴでした。

a0086340_22595112.jpg

待つこと1時間弱、6時頃ご来光です。
雲が厚かったのでサンライズははっきりとは拝めず残念!
時期に寄ってはムラピとその隣の山(名前失念)の間に朝日が昇るのも見れるそう。。

一杯写真を撮ったつもりなんですが、ろくなモノがなかった〜。(泣)
実際自分が見た光景はもっと幻想的で素敵だったのですが・・・。
日が昇るとドライバー氏はこの後遺跡を案内してくれるガイド氏を迎えに一旦降りていきました。

遺跡見学編は次回〜。
[PR]
by bunga5 | 2008-05-24 23:15 | 旅・その他 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bunga55.exblog.jp/tb/7143591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by island_hk at 2008-05-25 01:45

写真は写真に過ぎません。
目でしっかり焼きつける為に現地に赴くのですから~。
でも、青い世界から赤い世界へ、ボロブドゥールの夜明けきっと素敵だったんでしょうね~。
Commented by chaka at 2008-05-25 18:22 x
ちょっと曇ってるぐらいのほうが雰囲気があって良かったのでは?
ま、晴れてたら素晴らしいご来光を見れて、それはそれは良かったとも思いますが(笑)。
しかし早朝のボロブはいいですね!私が行った時は超ハイシーズンの日中だったので、いたるところ人だらけ、みなさん石原裕次郎ポーズで写真撮影にいそしんでおられましたよ…><
Commented by bunga5 at 2008-05-25 19:47
●island_hkさん、こんばんは。
そうですね、おっしゃる通りです。
写真は一瞬の切り取りに過ぎず、自分が目にした光景は自分の記憶の中ではいつでもリアルに再現できます。
再認識させていただき感謝です!
漆黒〜青〜薄紅、刻々と自分がいる世界の色が変わるのをじーっと見ている内に夜が明けました。
霧に覆われた景色も幻想的でした。
Commented by bunga5 at 2008-05-25 19:57
●Cさま、こんばんは。
大地が霧に覆われて幻想的な感じでした。早朝@ボロブは絶対お薦め。
日が昇ると観光客が一気に増えました。お昼間観光は暑いでしょうね。
私もガイド氏に祐次郎さんじゃないけど、仏陀と同じポーズとらされたよ。(笑)
Commented by hiyoko at 2008-05-26 00:02 x
bungaさん、こんばんは!
ジオ、やっぱりいいですよねー。
霧に煙るこの眺めも本当に幻想的!
一昨年、地震、噴火、テロ計画と、出発直前に次々と色々な事が起きたため、泣く泣くアマンジヲを諦めたんです。
確かにこの名前、変わっているようですね。
この後は、あれに乗って帰るんですね???
高所恐怖症の私としては、アマンジヲでの唯一の不安だったのですが、、、結局そういうわけで体験できず。
そのあたりの感想を、ぜひお聞かせくださいませ。

Commented by bunga5 at 2008-05-26 22:06
●hiyokoさん、こんばんは〜。
私のヘッポコ写真では何だかなあ〜ですが、少しでも幻想的な雰囲気が伝わってたのなら嬉しいです・・。

遺跡からの帰りはアレには乗りませんでした。。
現在はあのエクスカーションは遺跡公園の中限定だそうです。
「象も年をとって長距離を歩くのが厳しい」とあるスタッフが言ってたのですが、、ホンマかいな?な理由ですよね。。
ジオもボロブも素敵なトコロなのでhiyokoさんもタイミングが合えば是非!
<< 別日のサンライズ 客室内備品をリクエストする・・ >>