<< またまた凹み気味 夜のsuite@amanjiwo >>
ボロブドゥール遺跡見学
ボロブドゥールのてっぺんでサンライズを拝んだ後は遺跡見学です。
以前はサンライズ見学後は象に乗ってリゾートに帰るエクスカーションが人気だったみたいですが、現在は象に乗れるのは遺跡公園内限定みたいです。
いずれにせよ、、私は象に乗る気は全くなかったのですが・・。
乗るにしても象は2頭でしかレントできないみたいで、、カップルかファミリー向けですね。

ジオが手配してくれた日本語ができるガイドさんとjoinし、インタレクチャル・ツアーにGOです。

a0086340_071691.jpg

ボロブドゥールの全景。この巨大な遺跡が1000年以上も密林の中、火山灰に埋もれていたんて信じられません。ミステリーですね。

a0086340_0103280.jpga0086340_0144235.jpg
左は遺跡てっぺんの大ストゥーパ、右はストゥーパ内に鎮座する仏陀像。

a0086340_016289.jpg

a0086340_0171674.jpga0086340_0173761.jpg
遺跡の上段3層にはストゥーパが全部で72基あるそうです。下層6段は様々なストーリーに基づいた精巧なレリーフが施されています。
遺跡の中、ストゥーパ内外には多数の仏陀像があるのですが、、かなりの数が盗難にあっているそうで、頭部のない仏陀像も多く見うけられました。

a0086340_026570.jpg



この仏陀も1000年近く埋もれていて、、発掘されてからは毎日ムラピ山近くに昇る朝日を見続けているんですね〜〜。
a0086340_0295874.jpg

レリーフも全長5キロくらいに渡り、仏陀の一生やら色々が刻まれています。
写真は仏陀とは関係ない悪巧み中の人々のレリーフ。
「越後屋、お前も悪じゃのぅ〜〜」みたいな感じ?(笑)
このレリーフの上には古代文字が残されていました。(写真ありません)

とにかく遺跡は見出したらキリがない位のスケールと細かさなので、、1時間くらいでさくっと廻った私には全貌を伝えきれません。。
人に寄れば「がっかり遺跡」とか聞いたのですが、、そんなコト全然ないですっ!
現地に4日もいたのでもっと探求するべきだったと今頃反省。。






a0086340_0475332.jpg

ガイド氏に促され、ラッキー・ブッダに触ってみました〜〜。

a0086340_0523982.jpg

そして仏陀と同じポーズをとってみる〜〜。(アホ〜?)
[PR]
by bunga5 | 2008-06-05 01:01 | 旅・その他 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bunga55.exblog.jp/tb/7180203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by のん at 2008-06-06 21:32 x
おお!写っているのはbungaさんではないですか~(でしょ?)
想像通り女性らしさが漂ってますね。
仏陀と同じポーズを撮影という発想がユニークだわぁ。
ラッキーブッダに手届いたんですね。いいなぁ。私は腕が短いのか届きませんでした^^;
これだけの遺跡を造るだけでもものすごい情熱が伝わってきますよね。
Commented by bunga5 at 2008-06-06 23:58
●のんさん、こんばんは〜。
お恥ずかしい〜〜、スミマセン、晒しちゃって!
同行したガイド氏のオレ的写真撮影ポイントみたいなのがあるみたいで、、
やたら写真撮ってくれたんですよ。
だからボロブでは珍しく自分が写り込んだ写真が多かったのです。
ラッキーブッダに触れてはみたものの、、最近では凹み的なことが多いのは??なんですけどね。
Commented by island_hk at 2008-06-08 00:14
こんな巨大な遺跡が埋まってたんですか~!
ボロブとアンコールはやっぱり写真だけじゃなくて一度ゆっくり行ってみたいです~。
Commented by bunga5 at 2008-06-08 15:58
●island_hkさん、こんにちは。
ホントに信じられないでしょう?一辺は150Mはありますし、高さも。。
機会があれば是非現地でこのスケールを体感して下さい。
私も今度はもっと時間をかけてレリーフを見てみたいです。
<< またまた凹み気味 夜のsuite@amanjiwo >>