<< 極楽プール@amangalla amangallaの食事 ・其の壱 >>
amangallaの食事・其の弐
引き続き食事編 part 2@8/12です。

この日から朝YOGAスタートです。当日は10時からシロダーラの予約が入っていたのでYOGA後レストランに直行しました。なんともだらしない服装でしたが・・。
a0086340_2226212.jpg

a0086340_22264283.jpg

この朝のメニューは、
*Fruit plate with papaya,mango,watermelon,sweet banana (写真なし)
*2 Egg hoppers and Pol sambol
*Kola Kanda(これは何だったか思い出せない・・)
*5 herbs tea
egg hopperは馴染みがありますよね。この日のsambolはココナッツを使ったふりかけ状のもの。
ハーブのお茶は緑の野菜のスープみたいな感じ、多分ゴッコラとかお米が入ってたようです。いかにも身体に良さそうで、、結構気に入りました。

a0086340_22392159.jpg

a0086340_22394770.jpg

a0086340_2240712.jpg

昼食はルームサービスで。何故なら10時からシロダーラを受けて頭にターバン巻いたままだったから。(施術後暫くはそのままの状態でいないといけないそうだ)
*Moru
*Seer fish curry,Temperd beans,Carrot curry,Soya meat curry,Gotakola sambol,
*Sweet banana baked with jaggery and cinamon powder
Moruが何か失念。メインはカレーです。この日はお魚。
お肉代わりにsoya meatというお豆を加工した食品が使われてましたが、スカスカしてます。
ゴッコラはスリランカではポピュラーなセリに似た苦みのある野菜です。
前回スリランカに滞在したアーユルヴェーディック施設ではこれを積極的に摂るように薦められました。

a0086340_2332540.jpga0086340_2334365.jpg
夕食です。(質素じゃ)
*Wok fried vegitables(no tomatoes)
*Basket of chapati's
*Wet karapincha sambol
*Card and Treacle
*5 herbs tea
野菜のグリルです。
トマトは身体を冷やすということでアーユルヴェーダ的にはNGな食物です。同様の理由でパイナップルやお茄子もいけません。
カラピンチャはスリランカのハーブの一種でcurry leafです。
カードは水牛のヨーグルトで椰子の蜜をかけていただくと美味しい。




a0086340_2317152.jpg

a0086340_23174199.jpg

朝&昼はZaalのテラス席で食事しました。
テラスからの眺めです。
テラス前は旧市街のメイン・ストリートであるChurch St.です。
ゴールの街を見守り続けてきた樹齢何年?みたいな大きな木が何本もあり、
いい具合に陽を遮ってくれてます。
仕事場に向かう人々やトゥクトゥクが行き交うのを眺めながら朝食を。
たまには牛がのんびりしてたりで、、不思議な空間でありました。
[PR]
by bunga5 | 2008-09-14 23:38 | 旅・その他 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bunga55.exblog.jp/tb/7486634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by のん at 2008-09-15 09:20 x
おはよ~ございます。
見慣れないメニューだらけで何度も読み返しちゃいました(笑)。
アーユルベーダは興味あるけど食材が制限されるのは辛いですね。あー食べたいものを欲望のまま食べるか、毒素排出か、どっちを優先するべきか?←行く予定もないのに^^; bungaさん よくぞ耐え抜きましたわ。
トマトは体を冷やすって聞くけど、アーユルベーダ的にも良くないのね。調理の必要ないからしょっちゅう食べてました・・・。アーユルベーダ的には辛い味付けはご法度なのでしょうか?
Commented by bunga5 at 2008-09-15 20:48
●のんさん、こんばんは〜。
メニューはamanのリザベーションの方が事前に送ってくれたので、それを参照。
私は普段からお肉をほとんど食べないし、どちらかというとベジ派なのであまり苦痛じゃなかったです。
最初の3日間だけだったし・・。

アーユルヴェーダ的には身体を冷やす食材や刺激物は避けた方がいいらしいです。
今回いただいた物には大辛じゃないけど、適度にスパイシーなものもありましたよ。
<< 極楽プール@amangalla amangallaの食事 ・其の壱 >>