<< まだまだ韓国飯ネタ・お粥編 The Shilla Seoul >>
チュクミ・プルコギ
ソウル到着初日の晩ご飯は海鮮のプルコギを食べました。
昨年12月にソウルに行くぞと意気込んで買った飯本に載ってたお店です。
・・でお店の名前は??「チュクミ・プルコギ」なのか?(汗)

a0086340_2059018.jpg

チュクミとはイイダコです。
お店の方のお薦めでチュクミ、真ダコ、ホタテのMix、モドゥム・プルコギにしました。
甘辛く味付けされた海鮮類を炭火で焼き、サンチェでくるんでいただきます。
後述しますが、お店に行くのも迷いまくり、着いてからもジモ客ばかり。。
ハングルがわからないと難儀しますね。わかれば楽しみも倍増なんでしょうが。。

a0086340_2141292.jpga0086340_2145115.jpg
左みたいにじゅうじゅう焼いて、右は副菜たち。。網は頻繁に替えてくれます。
プリプリのチュクミをサンチェにコチジャン塗ってパクパクいきます〜。

a0086340_2172123.jpg

途中で「ご飯要る?」と聞かれたので「うんうん」言ったら、こんなご飯でした〜。
しっかり焼き飯やん!でも美味しかったけど。
チュクミ・ヤチャ・ポックムパプっていうらしい。。

忠武路駅下車 中区筆洞1街3-20
02-2279-0803





此処に行くにはどーしようか?新羅からは近そうだけど、飯本には店名や地名のハングル表記がないし「タクシーのドライバーにも説明できないねー」ってことで地下鉄の東大入口から次の忠武路だから地下鉄で行こうと、敷地内循環のシャトルに載って東大入口まで向かいました。
シャトルのドライバーさんに「何処行くの?」と聞かれて「忠武路の店」と言ったら、「私は今から1時間休憩だから送っていってあげる」というありがたい申し出。
地図を見せてお互いにわかる大韓劇場という映画館の前までホテルのケータリング用トラック(笑)に乗せてもらいました。
新羅のスタッフはホテル内でどんなサービスに対してもチップを受け取らないのです。
でもこのケースは明らかにオフ時間のボランティア。
でも彼も頑としてチップを受け取ってくれませんでした。
私とCはほんわかした気分で車を降りましたが、、この後お店に辿り着くまでにかなりの時間を要したのでありました〜。
[PR]
by bunga5 | 2008-10-14 21:46 | 旅・その他
<< まだまだ韓国飯ネタ・お粥編 The Shilla Seoul >>