<< 師走ですよ! ふらふら@Galle >>
テロ@ムンバイ
a0086340_0483534.jpg

今週インドのムンバイで同時テロが起こりました。
タージマハルやオベロイ、トライデントといった高級ホテルが舞台になったというのが衝撃。
今までのテロは駅やバスターミナルでの爆破が多く、犠牲者もほとんどがインド人。
今回は今までと違うのが外国人が多く宿泊するホテルやレストランで、銃を使ったテロだということです。明らかに標的は地元富裕層や外国人。

セキュリティがしっかりしている高級ホテルに滞在し、現地では公共の乗り物を利用したり、施設に近づかなければある程度危険は回避できると考えていましたが、これも鉄壁じゃなかったようです。
多種多様な民族、宗教、思想etc.が存在する限りこの世からテロはなくならないのでしょうか?

写真は2007年8月のティージ・フェスティバル@ジャイプル、こんな所でテロリストが銃を掃射すれば大勢の犠牲者が出る事は間違いありません。。
[PR]
by bunga5 | 2008-11-29 01:48 | 旅・その他 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bunga55.exblog.jp/tb/7696737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by island_hk at 2008-11-29 01:57
この経済危機のあおりで、最近もてはやされた国のゆがみが噴出しているのでしょうか?中国の工業地区も例を見ない急ピッチでの調整が入っておりデモや争議が頻発しています。
今後の経済状況の悪化と反比例して治安は悪くなってしまうのでしょうか?暫く警戒を忘れていましたが、油断大敵・身を引き締めて行脚しなくてはいけませんね。
Commented by bunga5 at 2008-11-29 02:19
●island_hkさま、こんばんは。
そうですね。オリンピックが終わり世界的な不況に突入した今の中国の状態想像できます。
私などは旅行で訪れる身なので行く事を暫し止めればいいのですが、お仕事とあればそうはいきませんもんね。
island_hkさまも本土ご出張の際はくれぐれもお気をつけて下さいませ。
<< 師走ですよ! ふらふら@Galle >>