<< 極楽spa@FS チェンマイ Parisの街をそぞろ歩く:其の壱 >>
Parisの街をそぞろ歩く: 其の弐
午前中のそぞろ歩きから一旦ホテルに戻り、荷物を置いて再び街徘徊へ出かけます。

a0086340_23554581.jpga0086340_23573665.jpg
ピエール・エルメでお土産用のチョコを購入、ジェラール・ミュロのショウウィンドウを眺め激しく空腹を感じ、Marche St-Germainに面したそこそこ人が入ってるお店にて遅めのランチ。
フンギ、アーティチョークetc.のピッツァとハウスワイン赤をカラフェで。
自分のオーダーミスなのか?500mlもあり驚くも、アウトサイド席でpeople watchingしつつ昼間から完飲。(爆)

a0086340_095412.jpg
まったりランチ後は腹ごなしに再び歩きます。
目的はないのだけどとりあえずOdeon方面へ。
Bd.St-Germain沿いのセフォラでちょっと化粧品を買ったり。。
写真は大通りからパンテオン方面。
a0086340_0151730.jpga0086340_0153319.jpg
セーヌ川沿いへ。ここまで来るのは久しぶり。相変わらず古本市も開かれてます。
ノートルダム寺院、ポンヌフ(ここちょっと記憶が曖昧)。




オデオン辺りまで来て、リュクサンブール方面に行ってみようかと思ったのですが、、ふと。。
15年位前に泊まったホテルがまだあるのかなぁ?と..、確認すべくおぼろげな記憶を辿る事に。

a0086340_0294092.jpg最寄りのメトロ駅はMaubert Mutualiteだったので、大通りをずんずんカルチェラタン方面に歩き、M.Mutualite駅からセーヌ川方面に入ります。
結構年月経ってるけど意外に覚えているもんです。迷わず到着出来ました。そしてホテルも健在。
Degres de Notre Domeという1Fがレストランの小さなホテル。サンルイ島も橋を渡ってすぐで右岸に行くアクセスも良かったです。
雑誌Figaroだったかで紹介されてて、当時はインターネットなんて普及してない時代ゆえFAXでホテルにコンタクトとったのでした。現HPを見る限り当時と比べちょっとしか料金がUPしてないのにびっくり。(当時はFFでしたけど)
ただしインテリアは昔の方が白×ブルーとかでシンプルだった気がします。

あの頃に比べ随分オトナになってしまったので、、また泊まるかと聞かれれば??ですが。。
世界中からvisitorが一年中訪れるParis、こういったプチホテルからパラスホテルまでアコモの選択肢が幅広いのも魅力ですね。
[PR]
by bunga5 | 2009-10-03 02:38 | 旅・その他 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bunga55.exblog.jp/tb/9049395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by momokka at 2012-10-14 21:04
bungaさん、過去ログで勉強させて頂いているところです。
今の予約のままだと、ちょうどbungaさんがランチを食べたレストランの横あたりのホテルになります。あの辺りだと74才の母でもボンマルシェから一人で帰ってこれるかな?と思うんですが、どんなもんでしょう?


Commented by bunga5 at 2012-10-14 23:42
●momokkaさん、こんばんは。
先ほどそちらにまとめてレスさせていただきました。
ご確認宜しくお願い致します。
<< 極楽spa@FS チェンマイ Parisの街をそぞろ歩く:其の壱 >>