<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
The Club at The Legianのこと 其の参
帰国日Bali発のフライトは夕方17:00過ぎ(年始の時点)のTG便でした。
ピーク期のためクラブはフル・ブッキングとのこと、12:00に荷物をまとめてチェック・アウトしました。
COとはいえ水着にサロンを纏ったままです。2H位はパブリック・プールにてまったり。
CO後でもドリンク類もフリーでサービスしていただけました。
私がCOした#2にはシングル・サイズのベッド・マットが運びこまれてたので、次は同性のゲスト達が宿泊だったのか・・?
ここではCO後も1Hだけ本家The Legianのホスピタリティ・スイートを利用できます。
1ベッドルームのお部屋なんですが、、この日は15:00に空港に出発なので14:00から利用させていただきました。
クラブからバゲージと一緒にカートで本家に移動。
a0086340_041718.jpga0086340_044030.jpg
普通の1ベッドルームの客室を利用しています。ビーチに向かって2Fの一番右サイドのお部屋でした。この日の14:00過ぎ@バルコニーは堪らん暑さ。
a0086340_0102725.jpga0086340_036520.jpg
本家にお泊まりになった方にはお馴染み?のバスルームです。
バスタブ、トイレ、シャワー・ブースがセパレートでシンクはダブル、かなり広めのスペースでした。
でもCO後のゲストが頻繁に利用している部屋なので、シャワー・ブースの水はけがかなり悪かったです。通常の客室と違って水回り施設の利用頻度が多いせいだと思います。
とはいえ、出発前に汗を流せ、身支度を整えるお部屋があるのは嬉しい限りです。
私はわらわらしてたので余裕はありませんでしたが、飲み物もいただけるようでした。
支度が整ってベルに電話、ロビーに降りればクラブの車が既にスタンバイ済み、空港にすぐ出発でき、何とも楽チンなサービスでありました。
本家にstayしてもこのサービスがあるのか?は不明ですが、JALとかの深夜便で帰国されるゲストにはお昼以降プール@ホテルで過ごしたり、街に出かけたりした後にこのサービスを利用して空港に向かうのってイイかもしれませんね。
利用時間が1H限定ってのがややバタバタですが・・。
私は頭の中で「ちゃっちゃらら〜」ドリフの場面転換のBGMが流れてました〜。(爆)
[PR]
by bunga5 | 2008-07-31 00:42 | 旅・Bali | Trackback | Comments(2)
もうすぐの夏休み・・
7月は暑い&忙しいでもうボロボロ・・。
でもあと10日ほどで夏休みじゃ!とムチを入れておりまする。
今回は5年近く振りなのか?「光り輝く島」スリランカに行って来ます。
今彼の地は国内の政情不安満載で自爆テロ等も起こり、外務省からは「渡航の是非を検討して下さい」情報が出ています。
本来なら内陸部の世界遺産の見学や年に1回のお祭り@キャンディを予定していたのですが、これを受けて予定を全てばらしてまったり@南西部に変更。
a0086340_1224866.jpg

           Galleのフォート内@2003年末

南部のGalleというポルトガル人が造った旧い街で異国情緒を満喫し、その後はスリランカ最南端に移動。
a0086340_1294174.jpg

           バーベリン・ビーチ・リゾート@2003年末

こんな蒼い海を間近にまったりしようと思います。スリランカ最南端のビーチは波は荒いけどそれは綺麗で、夜はプラネタリウムのような空。

往路は昨年10月以来の香港で丸1日過ごせるので、お買い物やご飯などギュッと絞って
enjoyします。
お宿は同時期に香港に行く友人にコバンザメです。ココも初めてなのでかなり楽しみです☆
[PR]
by bunga5 | 2008-07-29 01:53 | 旅・その他 | Trackback | Comments(2)
やっぱ厳しい・・
a0086340_2252072.jpg

先日チュベローズ=スタップマラムのアレンジメントの記事をUPしたのですが、、
やはり酷暑には堪えられなかったよう。
昨日には花弁、莟がポロポロと落ちてしまいました。かたやトルコキキョウは元気です。
なのでまた性懲りもなくチュベローズを5本とピンクのトルコキキョウを買い足しました。
しかし暑すぎますね!
明日は20日振りにお休みです。
荒れ放題だった家の掃除や洗濯&アイロン掛け、夏旅の準備もそろそろ始めよう・・。
[PR]
by bunga5 | 2008-07-26 23:17 | 日々のコト | Trackback | Comments(0)
The Club at The Legianのこと 其の弐
少ない写真を駆使しパブリックのスペースを。
a0086340_21445049.jpg

本家The LegianとはJl.Kayu Ayaを挟んで内陸部にクラブはあります。
通りの入口にはセキュリティ・スタッフが常駐、さらに進んでいくと車寄せのスペース。
車寄せの向こう側にもvillaがあります。

a0086340_21495568.jpg
レセプション、レストランも兼ねたクラブラウンジの夕景。
ここではゲストのほとんどがお籠り系なのでいつも閑散としていました。
クラブでは滞在中はフリードリンクなのですが、夕刻はこちらでモエが飲めます。
a0086340_2153489.jpg

クラブのパブリックプール。30M以上ある本格的なものです。
私の滞在したvillaはこちらに至近だったのですが、チェック・アウト後しか利用しませんでした。こちらのプールサイドでお願いしたドリンク類もコンプでした。
a0086340_21572038.jpg

ホント真っ昼間でも貸し切り状態。だって自分のvillaに10Mプールあるしね。
夕刻にはプールサイドのバレで静かにリンディック等が奏でられていました。

a0086340_21585446.jpg
こちらにはライブラリーやビジネス・センター的な施設はありません。
ラウンジの一画にはフリーで利用できるラップトップのパソコンが一台ありました。

ラウンジでは常時好きなドリンクや軽食がいただけたりするのですが(シャンパーニュは夕刻限定)、いつもがら〜んとしてました。
自分のvillaにいてもいつでも飲みたいものとかお願いできるし、、欧米系ゲストの方々はやっぱビーチが望める本家に昼間はお出かけしてらっしゃるみたいでした。

このラウンジはレセプション、バー、レストランetc.機能を備えた施設なのですが、、
ここでは滞在しているvillaから電話一本で何でもリクエストOKなので、、パブリック・スペースは無用なのかもしれません。
でもたった10室位のゲストのためにこんな大きなプールやちゃんとした食事が出来る施設etc.があるのって贅沢ですよね☆
[PR]
by bunga5 | 2008-07-25 22:34 | 旅・Bali | Trackback | Comments(2)
サンセット@トゥバン
a0086340_0514994.jpg

今晩はまたもや一発芸。

ディスカバリーのモール前からの夕景@4/30。モールのテラスは凄い人、人・・。
でも皆静かに陽がTeluk Kutaの彼方に沈んで行くのを見守っています。
通り沿いは賑やか@クタ&トゥバンだけど、この時間&場所は別の世界。
皆のベクトルが同じ方向に向いていて、、妙な一体感がある感じ。。
[PR]
by bunga5 | 2008-07-24 01:08 | 旅・Bali | Trackback | Comments(0)
夏のアレンジメント
a0086340_2236286.jpg
毎日暑い日が続きます。
毎年7月は忙しくて休日出勤も多いのですが、今年も同様。
7月ももう後半ですが、まだ正味1日しか休んでない・・。
とはいえ休日の仕事は直接現場に出向くので朝から晩まで目一杯仕事という訳ではないのですが。。それでもねぇ〜な感じ。。
今日は行きつけのフラワー・ショップで久々にチュベローズ=スタッマラムが入荷してました。残り少ない分をGETし、最近マイ・ブームのトルコキキョウと合わせてベースにぶっこみました。
今部屋の中は素敵な香り充満。
多忙な日常から暫しBaliへ気持ちだけtrip☆

[PR]
by bunga5 | 2008-07-22 22:54 | 日々のコト | Trackback | Comments(4)
The Club at The Legianのこと  其の壱
年始に泊まって放置しっぱなしでした。何故なら写真がない!
とりあえず数少ない写真を交えて記録を残す事にします。
横着して過去トピにもリンクしちゃってまーす。
a0086340_23375294.jpg

滞在したvillaはパブリック・プール&クラブ・ラウンジ至近の#2(だったかな?)、
自分のvillaを出ればすぐ上記の施設が利用できるのでかなり便利でした。
真ん中の屋根がクラブラウンジです〜。
2007-2008の年末年始はお天気に恵まれないバリでしたが、ココに滞在した時は好天。
PPもキラキラしています。長さは10M位あるのでフツーに泳げました。

a0086340_23422886.jpg

villaのリビングのカウチです。villaは手前がリビング、真ん中にベッドルーム、奥がバスルームで構成されています。スライディング・ドアがあってオープンにも仕切ったりもできます。
villa内お昼間はやや暗めですが、ほとんど屋外スペースで過ごしていたので気にはなりませんでした。

a0086340_23491379.jpga0086340_23493313.jpg

クラブは嬉しいフリードリンク・システム。villa内のミニ・バーも充実かつグラスも多種用意されています。右の3種はハード・リカー。
酒飲みパラダイス@The Club at The Legianを参照下さいませ。

a0086340_23584442.jpg

掘りごたつ式のバレ、クッションも一杯&天井にはファンもあって快適。
ルームサービス関係はもっぱらココでいただきました。
チェックイン後のサービス@The Clubもご覧下さいませ。

a0086340_065542.jpg

初日の夕食はルームサービスで、タイ風のサラダ、ミックス・サテをいただきました。
サテの付け合わせのライス・ケーキが摩訶不思議なお味でした。(輪切り状のモノ)
食事のサーブも全てvilla付きのバトラー君がひとりで仕切ってくれます。

a0086340_0135452.jpg
villaの屋外スペースのデイ・ベッド。
PPそばのデッキチェアは日よけがないので、暑くなったらコチラに避難。
ひとつのスペースが大きいのでカップルなら1台で親密に、お友達同士だったら、ちょいと離れてゆっくり読書したり、、。

とにかくvilla内に寛げるスペースが一杯あって、、本とワインを片手にあっちこっち移動してた私です。(笑)

a0086340_024505.jpga0086340_0262848.jpg
バスタブは屋外にあります。でも怖く無い感じでしょ?虫攻撃も意外に少なかったです。
バスルームにはプールからも直接入れるので導線良しでした。
右はシンク脇のクローゼット内。(シンクはダブルでクローゼットも2つ)
ヨガマットやLegianバック、ビーチサンダルなどが用意されてます。

a0086340_0355221.jpg
何よりもありがたかったのがランドリー・サービス。
ここはドライ以外は全てランドリーがコンプなのです。

バリで最後のホテルだったので、もの凄い量のお洗濯をお願いしました。。
籠に入れずにバトラー君に来てもらって、吊るしにしてもらうものとか色々リクエストしましたが、翌日にクローゼットに吊るしものは掛けて、Tシャツ等は籠に入れて置いてくれてました。
自宅に帰ってすぐ洗濯しなくて良く、かなり助かり〜なサービスです。
下着はさすがにお願いしませんでしたが・・。
クラブは滞在時ずーっとひとりのバトラーさんがお世話をしてくれるシステム。
ルーム・クリーニングも食事のサービスetc.全て彼がやってくれるのです。
マン・ツー・マンなのでお願いした事を忘れられることもないし、自分のペースでリクエストしたことに対応してもらえるなんて素晴らしい☆
イライラ度ゼロです。バトラーをウリにしているホテルは数あれど、これぞまさに真のバトラー制なんだと実感。
villaには基本的に担当のバトラー氏しか入ってこないので、プライバシーも確保できます。お掃除やターンダウンもどうしましょうか?と事前に時間の相談があったり、他の用事がある時は電話で連絡があり、いきなりvillaに入ってきたりはしない。。
そしてチェックイン時に何気に会話したことを覚えてて、リクエストしてないけどちゃんとサービスに活かしてくれてる。
「マンゴーが好き」→パントリーの冷蔵庫に滞在中はスライスしたマンゴーが入れられてた。「ワイン大好き」→クラブではワイン等のサービスは基本はグラスですが、ボトルを冷蔵庫に忍ばせてくれてた。
以前から色んなところで写真を見ていてハードの素敵さは充分わかっていたけど、やっぱりソフトの面は滞在しないとわからいことで、、ココはソフトもハード以上に素晴らしいホテルだったと思います。

私のへっぽこ記事では素晴らしさが伝わらないと激しく思うので、、
他力本願viajeraさんの記事をご参照下さいませ〜〜。←勝手にスミマセン(汗)

The Club At The Legian ~クラブラウンジ&プール編~
The Club At The Legian ~お部屋編 VILLA #5~
The Club At The Legian ~サービスとお食事編~
[PR]
by bunga5 | 2008-07-20 01:28 | 旅・Bali | Trackback | Comments(4)
chic&luxe
何か女性誌の特集のタイトルみたいです〜。
a0086340_1132255.jpg

今年の年始にstayしたバリのThe Club at The Legian、日々のどさくさ状態でほとんどUPできないまま今日に至っております。
実は居心地が良くてだらだらし過ぎ、ほとんど写真撮ってないのです。
villaの写真等は随所で見られると思いますし〜、(かなり言い訳?)
でもココは泊まってこそ素晴らしさを実感できるリゾートでした。
ハードは当然ですが各villaにつくバトラーさんが素晴らしく気配り出来る方々で、
それがインドのようにかしづく系サービスでもないので、素でリラックスできました。
写真はバスルームの一枚。まさにchic&luxeな空間。

a0086340_1225161.jpg

何か同じ雰囲気〜なこちらは、ベトナムのThe Nam Haiです。
バスルームとベッドルームを区切る木製のスライディング・ドアです。
重厚なんだけど繊細な感じが、同じマネージメントGMHのThe Club@The Legianと
似てますね。

GHMのHPを久々に覗いたらリニューアルしてるし、新しいリゾート情報もあって、、
何だか楽しみですね☆
[PR]
by bunga5 | 2008-07-16 01:43 | 旅・Bali | Trackback | Comments(4)
THANN@TG
a0086340_2346026.jpg

先日のジャワ旅で利用したのはタイ航空。
帰りの機内販売でTHANNのトラベル・キット的な物を購入しました。
Aromatic Woodのラインのシャンプー、コンディショナー、ボディ・ローション、マッサージ・オイル、シャワー・ジェル、スクラブ等のセット。
ばらしてお土産に使いました。
THANNはタイのブランドでバンコクの空港にもshopがあるし、TGのラウンジでもここのプロダクツが使われています。
THANNではOriental Essenceのラインが好きなのですが、A.W.はややエキゾチックな香りがします。
同じモノが空港より機内で買う方がUSD10程お得だったので復路にGET。
ばらしてしっかりお土産にしました。
折角なので機内で配布するアメニティもこちらにすればいいのにね☆
[PR]
by bunga5 | 2008-07-15 00:05 | 旅・Thai | Trackback | Comments(2)
どーなるのよ、空の旅?
a0086340_0323172.jpg

夏のバカンスを目前に控え諸々手配中ですが、今年に入って各エアラインの燃油サーチャージのUPが凄いですね。

CX利用だと日本ー香港、香港ーバリは1区間2400円、なのでバリに行く場合は往復で9600円。
JALだと日本ーバリが往復4万円。
TGだとこの7月からUPして日本ーバンコクがUSD100にバンコクーバリがUSD146で往復USD492。
SQは日本ーSINがUSD75、SIN-バリがUSD26で往復USD202。
TGのUP率は半端じゃありません!GW前はTG利用したんだけど2-3万円くらいだった気がする。
やはりサーチャージだけをみるとCXが良心的ですよね。
私はこの夏旅はスリランカにCXで行くのですが、それでもやっぱ香港ーコロンボのサーチャージは片道9600円かかります。
アジア以外欧米に行く方々の負担は半端じゃないですよね? 日系エアラインでは片道28000円とか・・。
そして家族旅行となれば尚更負担が増える。
一体いつまでこの状況が続くのでしょうか?
ふむぅ〜〜です。

写真は富士山の夕景@大阪ー羽田です。
[PR]
by bunga5 | 2008-07-12 01:10 | 旅・その他 | Trackback | Comments(8)