<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
amangalla  客室・其の壱
amangallaはvillaタイプではない客室。Bed Room、Chamber、Suite、Garden Houseというカテゴリー分け。
今回私が泊まったのは敷地奥にあるGarden Wingの2階にあるChamberの一室でした。

a0086340_0243828.jpga0086340_0251431.jpg
Chamberはwingによると、客室入ってすぐがバスルームだったりするようですが、このお部屋(すでに記憶喪失ですが多分#28)は普通のレイアウトです。
左の写真はエントランスから客室を撮りました。左がバスルームで右側にクローゼットがあります。
viewはプールのあるガーデンです。プールに面した奥にはフルのフレンチ・ドア、右手にも窓があって明るいお部屋です。

a0086340_032426.jpg

ベッドルームはクィーンサイズのベッド、ダイニング・テーブルセット、カウチ、ライティング・デスクなどが1 ルームにあります。このカテはバスルームと合わせて60平米くらいでしょうか?充分な広さだと思います。天井も高いし。。
Bed Roomというカテはamanにしてはかなり狭めで40平米ないようです。

a0086340_0363775.jpga0086340_037751.jpg
床は磨き込まれてピカピカで気持ちがいい。白い壁にダークウッドの調度品、アクセントカラーは赤&青。
a0086340_0392569.jpg

今回amangallaではアーユルベーダPKGを利用して滞在したので、ピローのカバーも半分はダークなブルーのケースでした。これはアーユルベーダのトリートメントにはオイルをがっつり使うので、、オイルによる汚れが目立たないためにとの配慮。
バスルーム内の大判タオルにも青バージョンがありました。使用した際は別なランドリーボックスに入れなければいけませんでした。
チェック・アウト日には全て白いものに変わっていました。

a0086340_0494988.jpga0086340_050168.jpg
左はライティングデスク廻り。リクエストした湯沸かしケトル以外に魔法瓶が置かれてます。これはアーユルベーダPKGゲスト限定の湯冷ましが入ってます。
冷たい飲み物はNGなので、、基本的にはこれを飲まないといけません。なので当然フル・ストックのはずのミニ・バーも空っぽにされていました〜〜。(笑)
右は不思議なフォルムのラウンジ・チェア。肘掛けがやたら長いのです。昔のものなのでしょうか?

夜中にチェックインした時は静かにJazzのCDがかけられていたのですが、この部屋にはまさにぴったり!
今回のamangalla滞在時のヘヴィ・ローテーションはノラ・ジョーンズでした。
[PR]
by bunga5 | 2008-08-30 01:09 | 旅・その他
amangalla 外観など
写真の整理が億劫で気力がわかないダメ人間状態ですが、、ボチボチいきます。

amangallaに着いたのは午前4時前、荷解きもほどほどに就寝するも6時くらいに日本からの仕事の電話で起こされてしまう・・。(日本とスリランカの時差は3時間半)
その後うだうだし10時過ぎに始動。
前夜(というか数時間前)に出迎えてくれたGMのオリビアはもう仕事されてました。
villaタイプのamanじゃないから会う機会が多かったのかもしれませんが、彼女はフロントに出ている時間が長く、ゲストとランチ・テーブルを囲んだり、夕刻にはバーでお話されてたりでまさに日本の老舗旅館の女将状態。。(ペットのダックスや息子さんも一緒に・・)
GMが率先してゲストとの交流をはかっているホテルでは当然その他のスタッフもきびっと仕事しフレンドリー(馴れ馴れしさはありません)な訳で、、ホント気持ちよく寛げました。
a0086340_21543480.jpg

amangallaの前身はNew Oriental Hotelという歴史があるホテル。廃墟同然だったのをaman resortsが買い取りリノベーション、ホテルの随所に当時の調度品がまだ使われています。
通りに面したベランダはホテルのエントランスにZaalという一箇所だけのレストランのアウトドア・スペース。
滞在中は通りを行き交う人々や牛(笑)、トゥクトゥクなどを眺めながらココで食事をしました。
a0086340_224532.jpga0086340_2242166.jpg
年季の入った飴色の家具にアンティークの浮きやココナッツがディスプレイされたZaalの一画。
a0086340_2264629.jpga0086340_22714.jpg
高い天井にはアイアン製のシャンデリア&ファン。ダイナミックなフラワー・アレンジメント、しっかりメンテされ飴色のチークの床。この奥がレセプションのスペースです。右手はZaalの屋内スペース、左はバーです。
ベランダ・スペースの床のタイルはおそらく当時のもの。

フォート内のメイン・ストリートに面し、入ってすぐがこのようにレストランだったりして仰々しい感じがないので、外来のゲストが頻繁に訪れていました。
フォート内にはレストランがほとんどなく、ココや近くのGalle Fort Hotel等のホテルのレストランで食事をするツーリストが多いようです。
Zaalでの食レポ等はまた後日UPします。。
[PR]
by bunga5 | 2008-08-28 22:45 | 旅・その他
スリランカへ
友人Cとのつかの間のランデブー@香港を楽しみ、8/10夕刻便にてコロンボへ。
CXのこのフライトはBKK経由です。
HKG-BKKの2H30分のフライト後は一度降機し1H後に出発。とりあえずCXのラウンジで待機します。
ここでニュージーランドからのご婦人と暫しお話し(この方とは帰国便も一緒)、その後キャンディで日本語学校を立ち上げられる日本人男性の方が話しかけて下さいました。
外務省からの勧告が出てるこの時期に渡スリランカするであろう日本人が少ないと思っていたので、この方とお話できて正直ほっとしました。「何か困ったコトがあったら連絡して」と連絡先のメモをいただき感謝!
そしてBKKを離陸後3HでCMB着。5年振りのコロンボ空港は綺麗になってました。
以前は暗くて、、とんでもないトコに来てしまった感があったのですが。。
さくさくと移動し、イミグレの列に並んでいると、、私の名前の呼び出しが〜。
aman resortsでは空港のミーティング・サービスがあったようです。
amanのリザベーションからのinfoがなかったので、ゲートで私が見落としてた模様。
この後は綺麗なお姉さんのアテンドでイミグレもクルー用レーンを利用し、ポーターさんにお迎えの車までバゲージを運んでもらい楽チンでありました。
コロンボ空港から2h30ドライブし(これでも深夜だったからかなり速い)、amangallaに到着したのは8/11の午前4時前。途中では何回もテロ警戒のためのチェックポイントがありました。でも私はほとんど寝てたのですが・・。
とんでもない時間にチェックインしたのですが、amangallaのGMオリビアさん(amanの名物GMリシェリ氏の奥様)はじめスタッフの方々が暖かく迎えて下さいました。
今日はお疲れでしょうから細かい手続きは明日にとのことで、とりあえずお部屋に。

a0086340_2340325.jpg

静かな音量のJazzが流れてる素敵な客室でバトラー氏が運んでくれたウェルカム・サービスのホットチョコレートとチーズサンドをいただきながら、これからの現実逃避の時間に思いを馳せた到着日@スリランカでした〜。

こんな時間までスタンバイしていただいたスタッフの皆様に改めて感謝です☆
[PR]
by bunga5 | 2008-08-26 00:10 | 旅・その他
お宿@香港
今回の香港のホテル予約は私の渡港前日から現地入りの友人Cにおまかせしました。
こちらはスリランカに行く前の1泊トランジットだったので、買い物に便利なトコのみ指定。オリンピックの馬術競技が香港で開催されるのに被っていたので、ホテルが取りにくい&高い?なんて思っていたのですが、杞憂に終わりました。
Cが最後まで悩んでたのは中環のThe Landmark Mandarin Orientalか金鐘のConrad。
結局リサーチ得意の彼女は前者をホテル直より随分お得なrateで泊まれるサイトから予約。

このホテルは名前の通り中環のランドマークにあります。ホテル2階からランドマークにアクセス出来かなり便利!全部で100室くらいの香港では珍しい部屋数、こじんまりしたロビー・エリアにはアロマ〜な香りが漂っています。
本家は以前泊まったことがあるのですが、シノワズリ・テイスト満載でした。
現在はリノベーションされたので各居室のバルコニーもなくなって、お部屋が若干広く、ややモダンに変身したようですね。
LMO(勝手に略)は本家と全くコンセプトが異なります。
NYのホテルか?と思う様なコンテンポラリーなハード。スタッフも美形が多い。

L450のお部屋です。
a0086340_23123751.jpg

場所柄各部屋からのviewは期待できません。ご覧のとおりビルviewです。
内装はオフホワイト&ダーク・ブラウン。余計な色を使わずミニマムな感じ。
ルームカテ名通り約42平米くらいの広さですが、ベッドルームはやや狭めです。
窓際にカウチ&一人がけのチェア。クローゼットはウォークインタイプでした。

a0086340_23275925.jpga0086340_23282580.jpg
何気に気に入ったベッドのヘッド・ボード上のデコレーション。夜になるとぐっとムーディ。
a0086340_2332096.jpga0086340_23322064.jpg
この部屋内バスルームの占める割合高いです。真ん中に大きなバスタブ。溺れそうな深さです。
右の写真はシャワー・ブース。コンテンポラリー系定番のレインシャワーに可動可なハンドシャワー(これがまたデザイン重視なやつ)、奥にはちょこっと腰掛けられるスペースもあります。

a0086340_23364857.jpga0086340_23371344.jpg
洗面スペースは両サイドに2箇所、TVもあります。
バスルームにも窓があって明るいですが隣のビルから丸見えなので、入浴時はシェードを降ろします。(電動っす)
アメニティ類は後日UPするつもりですが、、充分揃っています。

街のホテルでは日中外出がほとんどなので、広めのリビングはあまり必要ない、でもバスルームではゆったり一日の疲れを癒したい派の私にはこのお部屋はストライクでした。
私は時間がなくて利用できなかったのですが、滞在ゲストはSpaゾーン(友人曰く「高級健康ランド」)にも無料でアクセス可能なので、次回滞在の際は是非利用したいです。
難点は新しめホテルなのでタクシーのドライバーが??なこと。間違いなく本家に連れて行かれます。(苦笑)
[PR]
by bunga5 | 2008-08-25 00:06 | 旅・その他
食@香港
今回の香港での滞在時間はおよそ25Hほど。
同時期に滞在していた友人Cと一緒なので、夕食の選択肢も広がり嬉しいかぎり。

夕食は橋底辣蟹に。
a0086340_1730258.jpga0086340_17312815.jpg
ワンチャイとコーズウェイベイの間位にある海鮮系レストラン。
予約を入れてなかったので夕方早めにホテルを出てトラムに乗って行きました。
19時頃入店した時は空席が結構あったのですが、あっという間に満席&外にも列ができてました。ほとんどが地元の家族連れやグループで賑やかです。
a0086340_17382230.jpg

このレストランの名物料理「辣蟹」、生簀から選んだ蟹を大量のニンニク、唐辛子、ねぎ等で炒めた一品です。
私たちは2人なのでsmallサイズ(HKD280でした)、辛さは5段階から選べるのですが、辛く無い方から2番目くらいのmildでお願いしました。でも結構辛かった〜。
小さめサイズでしたが爪も大きくて身が結構つまってました。
これでもかっ!とのっかってる薬味がスパイシーで美味しく、Cとはほとんど会話もなく(笑)、手づかみでワシワシといただきました。
日本の蟹料理店には必ずある例の身をほじり出す細いフォークみたいのがあれば良かったな〜。次回行く時は持参で!
a0086340_17494013.jpg

芥蘭の炒め物。
お味はしっかりついているのですが、上の蟹にのってる薬味をかけると更に美味しい。
a0086340_17523691.jpg

イカとセロリを炒めたもの。塩味です。
a0086340_17543754.jpg

楊州炒飯、小さめの碗サイズだけど...多いわ〜。

2人だとこれくらいが限度です。やっぱ中華料理は大人数で色々頼むのがいいですね。
ちなみにココではでっかいシャコのスパイシー蟹版も人気がある様でした。

翌日の朝食
[PR]
by bunga5 | 2008-08-24 18:21 | 旅・その他
ブロイラー状態@CX
スリランカからはCMB-SIN-HKG-KIXと約18時間かけて帰国。
利用したCXではHKG-CMBのダイレクト便はなく、往路はBKK、復路はSINでstopしました。おまけにHKG-KIXはTPE経由。
おかげで機内食も4回。
全部食べれないのはわかってましたが、ブロガーとしてはネタとして押さえとかないと。(隣席も空いてたので写真撮りました〜)

a0086340_2341482.jpga0086340_23412776.jpg
まずはCX710 CMB-SINです。
前菜はサーモン&サラダ。メインはPrawn Masalaをチョイス。
タンガッラを夕方に出て空港に21:00過ぎに到着するも、コロンボ空港のラウンジの食事はビミョーだったので、このメニューは夜中にかかわらず完食。

a0086340_23462150.jpga0086340_23464256.jpg
2食目。同じくCX710 SIN-HKGです。
これは位置づけとしては朝食ですね。
フルーツ・プレートにお粥をチョイス。お粥はホタテの出汁がきいてて生姜の千切り入り。お腹に優しく嬉しいメニュー。こちらも完食。(笑)

a0086340_23513852.jpga0086340_2352622.jpg
さて香港からのCX564はそれぞれの区間の飛行時間が1H30&2H30と短いためワンプレートでのサービス。(メインは複数からチョイス可能)
左はHKG-TPE。
海老を湯葉で巻いて揚げたのに餡をかけたものがメイン。
右はTPE-KIX。
この頃になると食べる気力全く無し。よって普段食べない牛を頼んでみました。

4区間一気に乗りましたが被ってるメニューがなかったのはびっくり。
個人的には最初のコロンボからのフライトのPrawn Masalaがスパイシーで美味しくいただけました。
そういえば、デザートには相変わらずハーゲンダッツのアイスクリームがあったけど一回も食べなかった〜。

More
[PR]
by bunga5 | 2008-08-22 00:49 | 旅・その他
旅の覚え書き
a0086340_23302466.jpg

5年振りに訪れたスリランカ。
前回はウェリガマにある本格的なアーユルヴェーダ・リゾートに滞在しただけだったので、今回は内陸部のシギリヤ等の世界遺産観光やキャンディでペラヘラ祭りを観る予定でした。
しかしスリランカの国内情勢はテロ等が頻発し、外務省からは6月末に「渡航の是非を検討して下さい」情報がコロンボ周辺に出て、人が多く集まる場所などに行くのはよそうと判断。
前回と同じく南西部に滞在することに変更しました。
しかし本格的なアーユルヴェーディック・リゾートでは飲酒や食事の制限もあり、かえってストレスになりそうなので、普通にゆったり出来るところに。
南西部には魅力的なブティック系リゾートも色々あったのですが、現地とのやりとりが面倒だったので結局何ともベタな選択ですがaman resortsに決定。

とりあえず旅の覚え書き。
●8/9 CX503 KIX 10:00-HKG 13:05 (泊)Landmark Mandarin Oriental
●8/10 CX703 HKG 18:35-BKK-CMB 0:15* (泊)amangalla@Galle
●8/14 amangalla→(泊)amanwella@Tangalle
●8/17 CX710 CMB 0:15-SIN-HKG 12:15、CX564 HKG 13:10-TPE-KIX 19:40

復路がスリランカから一気に日本に帰るスケジュールだったので、往路の香港で買い物&食をプチ満喫。こちらでは8/8から現地に滞在中の友人とjoinしました。

Galleは先日UPした記事にポルトガル人が造った街と記したのですが大きな勘違い。
インドのゴアとごっちゃになってました。オランダ人の造った街でした。
amangallaは旧市街にあってノスタルジックなこの街を探索するにはBESTなロケーション。後半のamanwellaは美しいビーチを満喫できるリゾートですっかり日焼けしてしまいました。
南西部は平和そのものでしたが、コロンボ空港からの道中には何箇所もcheck pointがあり、マシンガンを携行した兵士や警察官が検問にあたっていて緊張感漂っておりました。

写真はオランダ教会@Galle。
[PR]
by bunga5 | 2008-08-19 00:37 | 旅・その他
スリランカから帰国
a0086340_22554131.jpg

「光り輝く島」スリランカから本日帰国しました。
出発前はテロ等の現地情勢が不安でしたが、何事もなくゆったりと過ごせました。
ただし帰りは滞在していた最南部タンガッラの街を昨日の16:00に出発し空港まで5Hのドライブ、コロンボ発が今日17日の深夜0:15で、CMB-SIN-HKG-TPE-KIXという鬼の行程。
KIX着が夜の19:30頃と丸一日がかりで帰ってきました。さすがに疲れました〜。
明日から当分の間はスリランカの旅をUPしていきたいと思います。
[PR]
by bunga5 | 2008-08-17 23:09 | 旅・その他
リゾートでの楽しみ
飲ん兵衛的にはリゾートではお昼間からアルコールをいただくのが何よりも楽しみ。
アルコール片手に読書したり、友とダラダラおしゃべりしたり、海をぼんやり眺めたり、、至福の時間です。

a0086340_2215358.jpg
こちらはタンジュンサリ。
左は友人がオーダーしたマンゴーのスムージー。ちょっと味見させてもらったけど美味しかった。友はこれにウォッカがちょっと入れば更に美味いと言ってた。
右のは私オーダーのフローズン・マルガリータ。暑さ故あまりフローズンじゃない&オイラ的にはもうちょっとテキーラ入れとくれな感じでしたが。。


a0086340_222425.jpg
こちらはThe Oberoiのプールサイドでオーダーしたカクテル。
すでに何だったか記憶があまりないのですが、、テキーラ・ベースのものだった気がする。
ここのプールサイドではお水は当然、フルーツの串刺し?や、サングラスを拭いてくれたりで、サービス抜群。
プールやビーチ廻りのスタッフって若手が多い思い込みがあるのですが、ここはオジジなスタッフがしっかり仕切っていました。オジジのさりげない気配りでついついドリンク頼んでしまう・・。絶妙なタイミングでの声かけなんですわ。


a0086340_22385691.jpg
Baliではなくジャマイカ。島の西端ネグリルにあるThe Caves。
10室位のバンガローがクリフ上に建つコージーなリゾート。
オールインクルーシヴなのでいつでも好きなドリンクをいただけ、真っ昼間から蒼い海眺めながら泡漬けな毎日。
極楽でした〜〜☆
[PR]
by bunga5 | 2008-08-05 22:54 | 旅・その他
久々に土日休
7月は鬼の忙しさ。こんなに暑い日が続いているのに2日しかお休みがありませんでした。
過労死してもおかしくない勤務時間ですよ。。
この週末は土日とも休め、家事etc.をこなしつつ家でゆっくり過ごせました。

a0086340_2095088.jpg新しい携帯電話を購入。Francfrancとコラボしたモデル。今まで使っていたモノより機能が一杯ついていて、理解不能状態です。真ん中のは会社から最近支給されたWILLCOM、仕事ではこっちを使わされています。今時アンテナあるケータイってどーよですね!右端はケータイと全く関係ないシビラのサングラス・ケース。docomoのケータイと色が被ってるわということで一緒にパチリです。
a0086340_20172527.jpg

ソファのカバーを一新。amanjiwoの東屋のデイベッドに近い色のものに変えてみました。
現地で買ったクッション・カバーもこの色の方がしっくりくる感じです。
さてさて、もう少しで夏休み。炎暑の毎日ですが頑張るとしましょう☆
[PR]
by bunga5 | 2008-08-03 20:38 | 日々のコト