<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
夜のsuite @ Amantaka
a0086340_221497.jpg

アジアのホテルはどこも抑えめな照明ですよね。
個人的には白々とした明るい部屋(@夜)は苦手です。
Amantakaのライティングも落ち着いた感じ。

ベッドの両サイドに読書灯があるので、就寝前の読書もOK。
a0086340_224368.jpga0086340_2241648.jpg
左:suite前の回廊。各suite前にあるテーブルには夕刻になるとキャンドルが灯されます。
右:suite内に飾られているモノクロームの写真も照明のおかげでぐっと雰囲気でます。

下:シャワールームのアメニティ置き場も。隙のないライティング・デザイン。

a0086340_2283544.jpg


More
[PR]
by bunga5 | 2009-08-30 22:38 | 旅・その他
やっと日常に戻った...。
木曜から仕事復帰。早速金曜〜昨日は1泊2泊で東京出張でした。

a0086340_1681936.jpg

a0086340_169026.jpg

8月は旅行〜インフルエンザによる自宅軟禁もあり生花を買うことがありませんでしたが、
やっと通常の生活に戻ったのでちょっぴり潤いをば。

切り花でマリーゴールドって珍しい。
(クリーム色のポンポン菊みたいなの)
まだまだ暑いから薔薇は日持ちしないの承知の上、ついつい、やっぱ華やかですからね。。
(でも大輪のは既に開ききってます。)

[PR]
by bunga5 | 2009-08-30 16:26 | 日々のコト
suite #5 @ Amantaka
到着日の天候は曇り。雨季だったのでパキっと晴れた日はありませんでしたが、幸い雨も3日目夜に2時間程スコールがあった位でした。
a0086340_20341284.jpg

2009年8月の時点で稼働している客室は全24室中6室のみでした。
私が滞在したのはスタンダードのsuite、全ての客室は中庭をぐるりと囲んだ建物にあります。
独立した客室は上位2カテのみだそうです。

a0086340_20365124.jpga0086340_2037423.jpg
回廊に面したフレンチドアを開けるとすぐ居室です。ベッド、ソファ、ライティングデスク、クローゼットなどがある50平米位のスペース。
そんなに広くはありませんが、天井が4Mくらいあるので狭さは全く感じません。
WiFi完備、パスワード貰えばsuiteで無料でネット使えます。そこそこのスピードでラオスでも不便なし。

a0086340_20421450.jpga0086340_20422653.jpg
a0086340_2043460.jpga0086340_20433035.jpg
出来たばかりなので壁や天井も真っ白、大理石の床がひんやりして気持ちが良いです。
白い壁には随所にモノクロの写真が飾られています。suite毎に異なる様で部屋には#5のフォトブックがありました。
個人的にはソファ前が何だかだだっ広い感じがして、リビングテーブルみたいなものがあったら良かったなと思います。

バスルーム
[PR]
by bunga5 | 2009-08-26 21:37 | 旅・その他
ルアンパバーンという街
a0086340_2104487.jpg

ラオスは中国の雲南、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジアに囲まれた海のない国。
ルアンパバーンはメコン川とカーン川に囲まれた95年に世界遺産に指定された街。
街中には多数の寺院があり、その内32が当時のまま保存されています。
街にいる僧侶は約1200名だそう。
フランスの植民地だった名残でフレンチ・コロニアルな建物、ラオ風の民家が街中に混在していて何ともエキゾチック&ノスタルジックな雰囲気です。
夕刻過ぎればメインストリートにナイトマーケットが登場、美しい刺繍を施した小物、山岳民族の織物、骨董品まがいのグッズなどが所狭しと並べられます。

空港から街までは長閑な風景の中を車で走る事約10分と意外に近い。
Amantakaのスタッフは直接ホテルに向かわずにゆっくりと街を走ってくれて「ココは○○」「ココは○○、ホテルからも歩いて○分位ですよ」とざらっと案内してくれました。
これは街のアウトラインを把握するには随分と助かりました。

Amantakaにはいくつかのエクスカーションも有料で用意されてますが、此処は街中にあるので寺院巡りやプーシーの丘に登るのは気の向いた時に自分で普通に歩いて行けます。
郊外のパークゥ洞窟やクアンシー滝等見学、メコン川のサンセット・クルーズ等もありましたが、料金設定がsuite単位(2 pax)なので一名参加だと割高です。

More
[PR]
by bunga5 | 2009-08-25 21:41 | 旅・その他
キャセイの新シート
明日まで自宅軟禁中です。
そして旅レポの続きを、、いきなり日本出発時に戻ります。

a0086340_12502992.jpga0086340_12504310.jpg
今回のインターはキャセイです。
香港乗り継ぎでバンコクまでは昨年夏行ったコロンボからの復路チケットを利用。(BKK→CMBはキャンセル)
出発当日インターネット・チェックインした際にどうもシートの配列が違うな〜と思ったのですが、時間もないので適当に選んで空港へ向かいました。駐機してた香港行きは747-400、やっぱり機材変更でした。すでにWebチェックイン済ましてましたが、カウンターのスタッフさんにお願いしてアッパーに変更してもらいました。
新シート、実は2年前くらいから登場してるんですが、当たったことなかったのです。
アサインされたのはアッパーの最前列。右写真の青いカーテンの向こうがコックピットです。
各シート(@アッパーデッキ)は両サイドに1列ずつハの字状に配列?されています。
それぞれのシートがパーティションで仕切られていてプライバシーは一応保たれるのですが、何か圧迫感があります。メタボ系米人男性とかきついんじゃない?とか思います。
シートはぐぃ〜んと倒れ&伸びて前のオットマンと繋がってベッドになる仕組み。このオットマンは普通のシート・セッティング時も足を伸ばせて楽ちんだし、同行者がいる場合、此処に座って対面でおしゃべりしてる人もいました。
個人的難点はシートの背もたれの後部に窓があるので昼間の機内がやや暗い&景色が見えないこと。飽きるとはいえお昼間フライトだと窓におでこをくっつけて景色眺めてるコドモ体質な私には残念。

More
[PR]
by bunga5 | 2009-08-25 13:48 | 旅・Thai
バンコクからルアンパバーンへ
平熱に戻りましたが、会社の指示により水曜日まで自宅待機中です。電話&メールで仕事する以外は外出もままならない状態なので、先日の旅レポを精力的に?進めたいと思います。

8/7夕刻のCX便にてHKG経由でバンコクに到着したのは24時頃。久々にタイに入国します。
翌日はお昼前のフライトでルアンパバーンに向かうので空港近くのホテルに1泊しました。

a0086340_17352049.jpga0086340_1735366.jpg
空港近くのホテルならNovotelが定番なのかもしれませんが、泊まるだけでこの料金はないやろ?&ネット上での評判も今いち。
出発の2日前に予約したのがBest Western Premier AMARANTHです。
6月だか7月にオープンしたばかりの空港から車で10分位のところにあるホテルです。
24時くらいまではホテルによるフリーの送迎があるそうですが、到着時は深夜のためメーター・タクシーで向かいました。新しいホテルなので案の定ドライバーさんは?でしたが、アドレスを元になんとか到着。メーター料金+空港乗り入れ代で多分Bht150位渡しました。
250室以上ある大きめホテルですが未だ稼働率は低そう。
当然出かけていませんが廻りにはあまり何もなさそうです。(..っていうか翌朝カーテン開けて見えたホテル裏の景色はかなりローカル)
部屋は今風モダンな内装で綺麗&広い。バスタブはありませんがお湯も充分でるので寝るだけstayなら文句無し。料金は朝食無しで7500円ほどでした。翌朝は空港までホテルの無料シャトルバンで送ってもらえました。

さぁルアンパバーンへ
[PR]
by bunga5 | 2009-08-24 18:49 | 旅・Thai
洒落にならない話
a0086340_0154192.jpg

木曜日の朝38.5度の熱があり、「あちゃ〜」ってことで病院へ行きました。
案の定インフルエンザに感染してました。
タミフル等処方してもらって今日はほぼ平熱まで下がり回復して参りました。
病院での検査の結果は一応「A型」なのですが、7月から大阪ではここから先、つまり「新型」かどうかを調べるPCR検査?を個別発生の際は実施せず、学校等で集団発生した場合は調べるらしいです。
明文化されてませんが、現在多くの人が発症している「A型」はほぼ「新型」の可能性が高いという見解だそうです。(問い合わせた複数の病院関係者談)
「新型」の疑いもあるので会社に連絡したところ、うちのブランチのほぼ全員が患者と濃厚接触者ということで今週一杯自宅待機になってしまいました。
皆の仕事諸々や週末あるはずだった社内ゴルフコンペまで中止で迷惑かけまくりです。(涙)
とりあえず熱が下がってから2日は自宅待機するよう病院から指示が出てますが、
いきなりのこのこと月曜に出社して良いものかどうかも社にお伺いをたてなければなりません。
旅先か?帰国翌日のイベント仕事会場か?何処で感染したのかは不明ですが、、
全くもって洒落にならない話でした。

とにかくインフルエンザ蔓延中なので、こちらを覗いて下さってる皆様もご用心下さい。
[PR]
by bunga5 | 2009-08-23 01:11 | 自分のコト
brand-new resort @ aman
ルアンパバーンではAmantakaに3泊しました。
a0086340_2148663.jpg

なんの予備知識もないまま出かけましたが、とても便利なロケーションでした。
写真は街の中心部にあるプーシーという150Mくらいある丘の上部から撮ったものです。
オレンジ色の屋根が連なるのがAmantaka。
amanにしては珍しく街の中心部にあり、メインストリートにも歩いて5分かかりません。
a0086340_21521258.jpg

以前は病院だった施設を当時の建物を活かしつつリノベーション。
中庭のプールを囲み各suite、spa、ジムなどがあります。
8月の時点で稼働しているsuiteは全6室だそう。10月のグランドオープン時には24室になるそうです。敷地内所々工事やってましたが、既に受け入れているゲストもいるので控えめで気にはなりませんでした。
shopはまだでしたが、レストラン、ジム、spaはオープン。
ただしspaは現在はマッサージのmenuしかありません。spaルームには大きなハイドロテラピー用のバスタブもありグランドオープン時には多種なmenuが用意されるそうです。
スタッフはラオ人メインの120名。皆一生懸命頑張ってて初々しい。
滞在中一時リゾート全体が断水するトラブルもありましたが、ソフトオープン中だから仕方なし? GM以下スタッフさんのフォローも心温まる感じで全然OKでした。

取り急ぎAmantakaの現状報告でした。詳細はまた..。
[PR]
by bunga5 | 2009-08-19 22:26 | 旅・その他
09夏旅の備忘録
a0086340_203993.jpga0086340_2032346.jpg
今回の旅のメインはラオスのルアンパバーン&タイのチェンマイ。
ルアンパバーンは以前から気になってた街でした。
今夏aman resortsの新しいリゾートがオープンと聞き、たまたま別件の予約で5月に予約センターに電話した際に8月の予約が可能だったので速攻book。
あとは?持っているエアーチケットがバンコク経由のコロンボ行きだったので、そのままコロンボまで行くか悩んだのですが、日程的にハードだったのでこれはCXに連絡して最終区間をキャンセルしました。
ルアンパバーンから行けるトコ、最初に浮かんだのはアンコールワット。
でも雨季で蒸し暑い中遺跡観光は相当疲れるだろうとの判断で却下。
直行便が飛んでる街、ベトナムのハノイとチェンマイに絞る。それぞれ1Hと何気に近い。
ハノイは訪れたことがなかったので心が傾いたのですが、今歯の矯正中で街飯をあまり食べたく無い。(食後すぐ歯磨きしたいので...)
チェンマイではお気に入りのFSでまったり過ごせるという理由で決定。

左:早朝@ルアンパバーンお馴染みの光景、托鉢。 
右:FS@チェンマイのお気に入りスペース=パヴィリオン併設のサラ。

恒例、旅の備忘録
[PR]
by bunga5 | 2009-08-17 21:02 | 旅・Thai
帰国しました。
ルアンパバーン&チェンマイの旅から本日帰って参りました。
a0086340_0421092.jpg

a0086340_043151.jpg

上:メコン川の向こうに沈む夕陽。 下:緑に癒される田園リゾート。
長閑な場所で心身共にリラックスしてきました。
明日から早速仕事復帰です。暫くは頑張れそうです。(笑)
[PR]
by bunga5 | 2009-08-16 00:52 | 旅・Thai