<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
働く人々@ Istanbul
イスタンブルの街をふらふら中に見かけたおじさん達のsnapです。
a0086340_20122364.jpg

トルコ料理はフレンチや中華と並んで世界三大料理のひとつだそうです。確かに何を食べてもハズレがなかった気がします。B級グルメの雄はドネル・ケバブでしょうか。。簡単に言うと「焼き肉サンド」のようなものです。
街中に結構な数のお店があり、お肉が焼かれる香ばしい匂いが漂っています。
猛暑の8月、左のケバブ屋のおじさんは首にタオルを巻き、のこぎりみたいな包丁でお肉をこそげ落としています。
右のお兄さんは頭にシャワーキャップみたいなの被ってますね。衛生第一です。
a0086340_20224744.jpg

上の写真はYeniジャーミィ@エミノニュ前辺りに並んでた靴磨きstand。金色のガムラン楽器みたいなのは足置き台。
下は旧市街のメイン・ロード(トラムが通ってる道ですが、、名前が解りません)沿いを絨毯を担いで歩くおじさん。トルコって感じです。
a0086340_20314218.jpg

左はアヤ・ソフィア前の焼きトウモロコシ売りのストールのおじさん。
私が訪れたお昼頃は入場券を得るために1時間近く並ぶ大混雑。。
焼きトウモロコシの匂いは魅力的でしたがあまりの暑さで、、ジェラートなら間違いなく買ってた。
右は旧市街で見かけた体重計り?屋のおじさん。路上にアナログな体重計が置いてあります。
お値段は一回おいくらなんでしょうか? 利用すればポケット・ティッシュが貰える様です。(笑)


More
[PR]
by bunga5 | 2010-09-25 21:04 | 旅・その他
バザールは楽し@ Istanbul
a0086340_1953847.jpg

Istanbulのバザールといえばグランド・バザールですが、此処から下着やスカーフなど衣類やリボンやボタンを扱う手芸系のお店が連なる裏通りをエミノニュ方面にふらふら歩くと旧市街のもうひとつのバザール、エジプシャン・バザールに辿り着きます。
前者は絨毯や宝石、ランプ、革製品等お土産物がメインで観光客向け、後者はスパイスやお茶等の食品がメインです。
エジプシャン・バザールの外側には野菜やお魚、チーズなどの食材屋さんが一杯で、お買い物しているヒトも観光客と地元の方とが混在し活気に溢れています。まるで京都の錦市場のような雰囲気。
バザール内のお店は量り売りが基本、自分が必要な分だけ購入出来て便利でした。
後日UPしますが、コチラで染毛用にヘナを購入してみました。

More
[PR]
by bunga5 | 2010-09-23 20:37 | 旅・その他
ふと気づくと...
a0086340_324751.jpg

2006年に始めた此のblog、先週で4年経ってました。。びっくりです!
飽き性の私がここまで続けてこれたのは、自分のための備忘録と言い訳しつつ内容のない絵日記の様なへっぽこblogに少ないながらお越しいただいてる皆様のおかげです。
ありがとうございます☆

ちなみに4年前のエントリー記事は我が家のわんこ達でした。
残念ながら今年の3月に次男の黒ラブは他界致しましたが、他のワンコは元気です。
(長男=雑種犬はちょっと弱ってますが..)

未だにトラックバックのやり方もわからない、写真データの扱いも??ですが、ボチボチやっていく所存です。
今後とも宜しくお付き合いいただければ幸いです♪
[PR]
by bunga5 | 2010-09-20 03:43 | 日々のコト
朝ご飯 @ KATIKIES
a0086340_2215468.jpg

KATIKIESの室料には朝食が込みです。
朝食はプールサイド・レストランでいただくことも出来る様ですが、ほとんどのゲストはルームサービス。
私も自室のテラスで蒼いエーゲ海を眺めながらゆっくりといただいてました。
夜が遅いヨーロピアン・リゾートでスタッフも朝〜晩まで同じ面子で頑張ってるので、、朝食は8:00から。
includeの朝食menuはコンチネンタルorグリークorヘルシーの3種。
希望すればシャンパーニュも1グラスがサービスされます。

上の写真はグリーク。
フレッシュなオレンジジュース、コーヒー(希望すればグリーク・コーヒーも可)、濃厚なヨーグルトは蜂蜜がけ、
トマト&チーズ&オリーブにオリーブ・オイルがかかった一皿、パンが数種の他にパウンドケーキにグリーク・パイ、カット・フルーツなど。
コンチネンタルはトマト&チーズやグリーク・パイがなかったり、ヘルシーはシリアル、ローファット・ヨーグルトだったりの違いです。
卵料理等はオプション(有料)でオーダー可能です。

More
[PR]
by bunga5 | 2010-09-18 22:48 | 旅・その他
sunset show @ Santorini
a0086340_2325484.jpg

a0086340_2334033.jpg

イアに滞在してるメリットは徒歩で島一番のsunset pointに行ける事。
この時期の日没は20:30頃、19:00をすぎる頃には島中から続々とツーリストがイアにやって来ます。
毎日陽は沈む訳ですが、束の間stayのツーリスト的にはまさに一期一会の時間です。
様々な国籍や宗教等バックボーンが違う人々が同じベクトルに集中し静かに其の時を待ちます。

a0086340_23122790.jpga0086340_23133316.jpg
見晴らしの良いスペースはエーゲ海に沈むsunset showを待つ人.人.人...。
そしてshowが終わり帰途に着く人々で混雑のイアの街。。

More
[PR]
by bunga5 | 2010-09-16 23:35 | 旅・その他
イアのレストラン
a0086340_2305869.jpg

イスタンからまたサントリーニへ、、時系列完無視でUP。

基本的にはどこもオープン・エア。ランチ時はあまりの暑さでほとんどヒトは居ない。。
ディナー時は何処のレストランも島で一番のサンセット鑑賞を済ませたゲストで21時位から賑わいます。
サントリーニの夜は長いですが、怪しいclubとかなく健全なリゾートです。

相変わらず手抜きのsnap集
[PR]
by bunga5 | 2010-09-14 23:26 | 旅・その他
Witt Istanbul Suite 其の弐
a0086340_21463565.jpg

Witt Istanbul 其の弐はパブリック・スペース編です。
全てレイト・チェックアウト後の空港に向かう前の夜の写真ばかりで解りづらいです。
今回の旅行ではいつもより多く写真撮ったつもりですが、400枚位。
でもロクな写真がありません。(涙)
他のブロガーの方々は1000枚とか2000枚とか? ...びっくりです。
何をするにもカメラ片手に...といった感じなのでしょうか。。

17室のスモール・ホテルゆえエントランスもこじんまり。
此処の天井から下がる照明はとってもお洒落なモノでした。

a0086340_21443314.jpga0086340_21445278.jpg
a0086340_21452128.jpga0086340_2145418.jpg
パブリック・スペースとはいえ前述のとおり17室だけのホテルなので、レストランはありません。
レセプションがあるフロアにあるラウンジ・スペースが朝は朝食をとるダイニング、利用してませんが、
お昼間はお茶を飲めたり、夜はバーになったりします。
デザイン系ホテルだけにcoolですが、居心地の良さを感じられる暖かみのあるインテリアです。
此処はライブラリーも兼用。スカイプもOKなMacも1台あります。
スタッフも或る時はレセプション、或る時は朝食をサーヴみたいな感じで何でも屋さんです。
なのでゲストの情報も共有してるし、「此れは私の担当じゃない」みたいなコトもなく、ストレスフリー。

More
[PR]
by bunga5 | 2010-09-13 22:56 | 旅・その他
イスタンブルのホテル・Witt Istanbul Suite 其の壱
a0086340_23211947.jpg

a0086340_2322295.jpg
イスタンブルで泊まったのはWitt Istanbul Suite
新市街のジハンギルというエリアにある17室だけのsmall&design系ホテルです。
予約の段階での問い合わせ等のメール対応も早く、出発1週間位前には観光スポットのみならずホテル周辺のレストラン情報などもメールで送られて来ました。滞在中もスタッフ皆がとにかく感じが良かったです。

最初は観光に便利だから旧市街のFSにしようと思っていたのですが、ホテルを一歩出れば観光客や客引きやらでワサワサしてそうだし、旧市街に泊まればリアルな街が見れない。そんなことで、Trip Advisorで評判が良かったこちらに決めた訳です。
最寄りのトラム駅「トプハネ」まで徒歩5分位、トラムに10分も乗れば旧市街の観光スポットまで行けます。しかしこの界隈は坂が多く、特にトラム駅→ホテルまでが結構キツかったです。


a0086340_23352572.jpga0086340_23355492.jpg
ホテルが面してる通り。(客室から撮影)
左:写真上方向へ5分程行くとトプハネ駅。黄色い建物はイタリア病院です。
右:左写真の逆方面、上に10分程でタクシム広場です。角のお店はコンビニ的shop。ワインやビールなども種類豊富に揃ってます。

a0086340_2343534.jpga0086340_23433060.jpg
ジハンギルは地元の方が普通に暮らしている街。
ホテル前の通り沿いにはオープン・カフェやレストラン、スーパーなどあって便利だし、地元の方の暮らしぶりを垣間見ることも出来ます。

ホテルの部屋や新市街ほっつき歩きの様子はいずれまた。。
[PR]
by bunga5 | 2010-09-12 00:22 | 旅・その他
TURKISH AIRLINES・機内食など...
夏旅から帰国後にこんな記事を発見。ふ〜〜む、オイラはKIX発着線だからね。。
a0086340_0293428.jpg

往路は22:30発。搭乗後は普通にウェルカム・ドリンクのサービスがあり離陸。
配布されたmenuを見る限り普通にディナー・サービスがある模様。
水平飛行に入りサーブされたアペリティフ的なドリンク、プレゼンテーションは粋な感じですが、
一口いただいてギヴです。(甘い〜)
ワイン・リストにも食指動かされるモノはなく、無難にシャンパーニュ(GOSSET)をオーダー。
しかし、、全く冷えてないんですよ。これ致命的。
おまけに食事中のドリンク・サービスがホント遅い。かなりイラッとします。

往路でいただいたご飯たち。。

a0086340_040527.jpga0086340_0411368.jpg
a0086340_0414725.jpga0086340_0421245.jpg
以上はディナー編。マッシュルームだったか?のスープはアツアツで美味しかったですが後は...。

a0086340_0452192.jpga0086340_0454279.jpg
朝食はディナー後に専用シートにて食べたいmenuをオーダーするシステム。
でも配膳時に「頼んでないよ〜」的なトラブルが随所で勃発してました。
menuには苺のスムージーなんてのもありました。パンはチンし過ぎでカチカチ。バターも凍ってました。

深夜便なので他のスナックやドリンクのサービスがギャレーに用意されていたかは不明です。
一度お手洗いに行きましたが、、多分なかった気がします。。

More
[PR]
by bunga5 | 2010-09-09 01:18 | 旅・その他
初・TURKISH AIRLINES
a0086340_2242767.jpg

夏旅ではアテネまでイスタンブル経由でトルコ航空(TK)を利用しました。
大阪からは往路が22:30発でイスタンには早朝5:30頃到着、復路は23:50にイスタン発でKIXに翌日夕方到着と往復ともオーバーナイト・フライトです。
成田線には新しいシート(CXの繭床みたいなの)が導入されてるようですが、KIX線は上のようなシートです。
去年乗ったAFと同じような感じですが、私の機中の唯一の楽しみエア・ショウが観れん!
これがないと何処を飛んでるかさっぱり不明。。まあ深夜なんでほとんど寝てたんですけど。
往路はトルコ人ビジネスマン的おっさん軍団が一杯乗ってて満席@Cキャビンでしたが、復路は10名くらいでした。
TKには日本人乗務員は乗ってなくてカタコトの日本語を話せる方が1-2名、機長のアナウンスは「本日はご搭乗ありがとうごぜーます!」でした。(笑)
機内はベージュがベース・カラーでピローやキルトケットは鮮やかなブルーでトルコらしいアクセント。

a0086340_22231998.jpg
長時間飛行機に乗るときはモコモコ・ソックスを持参するのですが、、たまたま今回はブルー系のモノで何気に機内アメニティかっ?のマッチングぶり。

深夜なのに飲食のサービスがやたらスロー、トイレ内のアメニティがシャビィで清掃も今いち、配布されるポーチ入り機内アメニティが男女一緒(中身はエルメスの男性用ライン)だったり、諸々ありますが、まあぐっすり眠れるシートだったので良しとしましょう。


More
[PR]
by bunga5 | 2010-09-05 22:57 | 旅・その他