<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Taj Mahal Palace Mumbai・其の弐
a0086340_2054522.jpg

Taj Mahal Palace(以下TMPと省略) 其の弐は客室編です。いつもながら撮った写真も少なく&ロクなものがなく(涙)、昼夜の写真混在。
今回はLHWからクラブルーム(cityview)を予約しました。ただクラブといってもPalace棟のゲストは誰でもPalace Loungeを利用できるので、クラブのベネフィットは片道空港送迎があるくらいです。
この送迎の金額が馬鹿にならないのがTaj、Rs2000弱の違いならクラブで予約した方がお得かと思います。

a0086340_2057081.jpg
現在TMPのエントランスはTower Wingの一カ所のみ。Towerのレセプションで名前を告げるとPalace棟レセプションまで案内されてコチラでチェックインの手続きをします。
TowerとPalaceは同じホテルだけど雰囲気が全く違います。Towerはよくある大型ホテルで、此処に泊まるならOberoiとかの方が良さそうな感じ。

Palace Wingの客室の入り口はこんな雰囲気のあるアトリウムに面しています。エレベーターのパネルに自室のkeyを差し込まないと宿泊するフロアに行けないシステム。また各フロアにはsecurityのスタッフがあちこちに配置されています。
アトリウムはお昼間は天窓から差し込む光が入って明るく、夜は照明が大理石の廊下を照らしムーディです。各客室の間の壁には全て違う絵画が、回廊の随所にアンティーク家具がさりげなく飾られていて、まるで美術館の様です。おまけにアロマ〜な良い香りが漂っています。

私の客室はPalace棟の最上階の確か#625? 既に記憶喪失。


More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-29 21:25 | 旅・その他
Park Hotel Tokyo
a0086340_22172750.jpga0086340_22174847.jpg
昨日から東京出張。泊まりは汐留にある標題のホテル。
汐留エリアにはよく泊まるのですがコチラは初めて。デザイン・ホテルズに加盟しています。
共同通信が入るビルの上階がホテル、何気に新橋駅からは歩いて10分弱かかります。
今回はスタンダードなツインのsingle useだったのですが、ツインとはいえ22平米で手狭なお部屋です。
海外からのゲストが多い様でしたが、、彼ら的にはえらく狭いだろうな〜と思います。
フロントがある25Fの雰囲気は素敵ですが、客室の家具等はややチープな感じですし、ツインとはいえsofaもなく一人がけチェアが一脚のみです。(夜遅くチェックインし寝るだけなのでOKですが。。)
嬉しかったのはバス・アメニティがタイのTHANNだったこと。(Aromatic Woodラインのシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディ・ローションの30mlミニボトル) しっかりお持ち帰りさせていただきました。


More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-26 22:44 | 日々のコト
Taj Mahal Palace Mumbai・其の壱
a0086340_030896.jpg

a0086340_0305326.jpgヘッポコ・タクシーでやって来たのはムンバイのシンボル的ホテル、Taj Mahal Palace Mumbai。
インドの巨大コングロマリットであるTATAグループのホテル部門であるTajの旗艦ホテル。
グループの創始者であるJamsedji Tata氏の意地を賭けて造られたホテル。いきさつはwikiを
一昨年のテロではムンバイのランドマークであるがゆえ標的となり数多くの犠牲者を出し、ホテルも大きなダメージを受けました。

前泊したTaj Lands Endと同じくホテルのエントランスまでタクシー等外部の車両は直付けできず、そして大きなホテルなのに出入りは一カ所のみに限定され、荷物&人とも金属探知機でスキャン後館内に入れます。

TOP写真の右がTower Wing、左がPalaceです。
左はPalace棟を裏通りから撮影。何とも優美な外観です。

今回は昨年夏にテロ後の改修を終え再openしたPalace Wingに泊まりました。
Tower客室やサービスはちょっとがっかりというレビューが見受けられましたが、Palace Wingでの滞在は個人的にかなり満足のいくものでした。

a0086340_133562.jpga0086340_135373.jpg
storyのあるホテルだけあり館内に飾られたポートレートにも著名な方々が一杯。。
エリザベス女王、グレース・ケリー、オードリー・ヘップバーン、ヨーコ&ジョン・レノン、ヒラリー・クリントン、最近だと昨秋USのオバマ大統領も此処に滞在し演説されてたのは記憶に新しいですね。

More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-22 01:31 | 旅・その他
買い物@インド
a0086340_23481075.jpg

前回の渡印ではジャイプルで予定外のジュエリーを買ってしまったりしたのですが、今回は財布の紐は閉めて。。
日用編です。
インドのお茶はマサラとジンジャー、アーユルヴェーダ石けん、日々の料理用のジンジャー・ペースト&ジンジャー&ガーリック・ペースト、ドラッグ・コスメ、男子用お土産にタバコなど。。

a0086340_23561281.jpg

帰りのムンバイ空港の免税店で買ったKAMA製品。KAMAは最近だとOBEROIのアメニティにも採用されている100%オーガニックなインドのアーユルヴェーダ製品のブランド。
日焼け止めローション、マッサージ・オイルを購入。さすがに現地だと安いです。
前回はデリーから出国、免税店でKAMAは見なかったのですが、今は普通に扱っているのでしょうか?
しかし、、このオイルはかなり癖がある匂いがします。まさにアーユルヴェーダな感じ。

More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-19 00:53 | 旅・その他
day 2@ Mumbai・ホテル移動
Mumbai到着翌日はホテル移動。朝食後クラブラウンジ@Taj Lands Endのスタッフに移動車両の相談。

a0086340_2133094.jpg 出発2日前に予約後ホテルにメールで問い合わせたところTaj Mahal PalaceまではRs3500とつれない返事をもらってました。市内移動に7000円はちょっと高くないですか?
スタッフにホテルの車をチャーターした場合の料金を尋ねると、(既に記憶失念気味ですが)1時間あたりRs695だそう。。
これを利用してTMPまで行けないのかという質問にはNG。何故ならチャーターの場合はホテルに帰ってくる事がルールでdrop offは出来ないからだからと。。ふむ〜〜。
他に何かオプションある?の問いに、その女性スタッフは「タクシーよ!TMPまでならRs500位だから、私なら断然これで行くわ」と。。インドでパブリックタクシーに乗ったことがないヘタレなオレだけど大丈夫なのか? と暫し考えを巡らせてる私を察してか「スタッフにタクシーのドライバーにちゃんと説明させるから安心して下さい」と。。
普通に現地の人は利用してることだしタクシーで向かうことにしました。
クラブラウンジでのチェックアウト手続きの際、先ほどの女性スタッフが「日本の女性がCOするからタクシーの手配よろしく」的な電話入れてくれてました。
ホテルのリムジン代ケチってスミマセン。。(苦笑)

ホテルのゲート外までホテルの車に乗せてもらい、写真(これは別日の別タクシー)の様な黒×黄のファンキーなタクシーで(これでPalaceのエントランスに乗り付けるって微妙だよなぁ〜と思いつつ)TMPに向かいます。(笑)

More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-16 22:49 | 旅・その他
インドのLCC・IndiGo
a0086340_0253925.jpg

今回の旅でインド国内線で利用したのは新進LCCのIndiGoです。写真はムンバイの空港にて。

a0086340_0272667.jpgLCCは日本にはあまり馴染みがありませんが、最近だとAir AsiaやJetstarも日本に就航してます。
一昨年モロッコに行った際にパリーマラケシュをeasyJetというイギリスのLCCを利用しました。
easyJet搭乗記はコチラ
チケット販売は自社のオンラインのみで料金は購入時期や空席状況によって日々変わります。IndiGoは預け入れバゲージ2個目から、座席指定、機内飲食等にはチャージされます。乗員は限られた人数のみが搭乗し、エンタメ・サービスもありません。その代わり大手のエアラインよりも安価な料金で利用できます。2-3H位の飛行なら全然OKです。
IndiGoは1995年(→訂正です。2005年)に出来た会社で、ディレイが当たり前のインドで定時運行が売りのエアラインです。確かに私の利用したムンバイーコーチン線往復とも驚きのon timeでした。
料金はJet Airwaysの半分くらいだったかもしれません。
IndiGoのテーマカラーのblueが機内にも反映されたシート廻り。
搭乗客が持ち込んだ飲食物やペットボトル等のゴミは降機前に回収に廻るCAに渡すか自分で持って降りる様アナウンスがあります。機内清掃の手間を極力省き定時運行を目指しているのでしょう。
決して清掃をやってない訳ではありません。搭乗機は普通に綺麗に整ってました。

More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-14 01:02 | 旅・その他
Taj Lands End ・其の弐
a0086340_22452473.jpg

a0086340_2246670.jpg
到着日(12/29)は夜遅くのチェックインだったため自室から外を見ても真っ暗で何が何だか?状態。
一夜明けて外を見ると一面海...。アラビア海です。
Taj Lands Endは空港とムンバイ市街の中程に位置するBandra Westの半島(岬)の先端にあり、ホテルの三方が海です。ホテル名の通り「地の果て」といった感じ。

ホテル正面玄関はアラビア海側でした。
自室からエントランスを眺めてみれば、前夜車が到着した場所が確認出来ました。白いカバナ?前で外来者&車のチェックが行われています。徒歩のゲストは歩いて、荷物があるゲストはカバナ脇に停まっているホテルの車に乗り換えてエントランスまで移動します。
写真中程の青や黒&黄の車はパブリック・タクシーです。
a0086340_2324781.jpg

宿泊階の廊下先端からのview。BandraとFour Seasons HotelがあるWorli地区を結ぶBandra-Worli Sea Link。
橋の向こうはムンバイ市街です。此処はインドなのか?な近未来的眺めです。
ホテルのあるBandra Westは高級アパートや邸宅が並ぶエリアのようです。
空港pick upに来てくれたドライバー氏によるとホテルの近くにShah Rukh Khanの邸宅もあるとのことでした。
此処ムンバイはインド経済の中枢であると共に映画界のハリウッドみたいな地ですもんね!

More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-12 23:40 | 旅・その他
寒い寒い....
a0086340_21445056.jpg

a0086340_21455483.jpg南インド帰りの毛穴全開人間的にこの寒さは堪えます。
去年の冬はムートンのコートをほとんど着ませんでしたが、今冬はこれか新しく買ったダウン・コートにUGGのブーツをヘビロテ。さすがに会社仕事でちゃんとした格好じゃないといけない時は普通のブーツ履いてますが...。
寒さでカチコチになった身体は時間があれば整体で揉みほぐしてもらい、夜はゆっくりとお風呂に浸かります。入浴後はアルガンオイルでしっかりマッサージ。アルガンオイルは一昨年モロッコで購入、大変良かったのですが日本で入手するのはあまりにも高額。幸い会社のスタッフ君が日仏ハーフで彼にParisで調達を依頼。。
写真はいただきモノのLUSHの石けん。

More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-10 22:31 | 日々のコト
Mumbai到着日のお宿・Taj Lands End 其の壱
a0086340_23584277.jpg

12/30から2泊はLHWからTaj Mahal Palaceを予約していたのですが、到着日12/29のホテルの予約を出発ぎりぎりまで放置していました。
夜の到着なのでPalaceはもったいない(貧乏性ですな)、空港近くのLeelaかHyattかIntercontiか...あれこれ悩んでいる内にやっぱり面倒だからPalaceに3泊しようと決めたのですが、既に12/29のPalace Wingがfullに。
結局Taj Lands EndのNew year pkgでクラブルームを予約したのが出発の2日前。
このpkgは朝食、1500ルピーのクレジット、ワイン1本が込みでクラブルームには空港往復送迎も込み。
1泊13000ルピー(税・サ別)と通常レートよりはお得ですが、寝るだけにしては安くはありません。
しかし夜到着でホテルのpick upがあるのはありがたいことです。ちなみに車はジャガーでした。
翌日はPalaceに移動するので片道分(空港drop)を市内移動に振り替えられないか問い合わせたのですが、NG。
3500ルピーで手配可能とのこと。う〜むover priceです!

ムンバイ空港到着後ターミナルの出口には様々なボードを持った人がわさ〜っといましたが、ホテルのスタッフをすぐに発見でき一安心。分不相応なジャガーでBandra Westにあるホテルに向かいます。(所要時間約40分程でした)
ムンバイでは一昨年のテロ後各ホテルのセキュリティが凄く厳しくなっています。
Taj Lands Endもしかり。ホテルのゲート外にセキュリティ・ポイントがあり、ホテルの車であれくまなくチェックされます。ホテル・カーの場合はその後車寄せまで行けますが、外部の車はここから人も荷物もホテル・カーに乗り換えます。館内に入る際は空港のセキュリティ・チェックと同じ様に荷物は全てスキャン、人間はあの何と言うのでしょう?金属にピンポ〜ンと反応するやつを通ります。
ロビーに入ったとこでサリー姿の女性スタッフに迎えられ、そのまますぐに24Fのお部屋でチェックインの手続きとなりました。既に23:00過ぎ、ふぇ〜〜疲れました。。

More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-09 00:39 | 旅・その他
ANA Business Jetで飛ぶ
a0086340_18133319.jpg

今回の旅で利用したのは成田ームンバイのANA Business Jet。
偏西風の影響もあり往路は福岡で給油し約13時間、復路は成田まで直行で8時間の飛行です。
往路は使用機材の到着遅れで出発が2時間ディレイの12:30。
朝6:30に家を出て〜、14:30頃なのに写真は給油中@福岡ですよ。。(涙)

a0086340_18232725.jpg
737-700の小型機材での運行。
737は通常なら120席位ですが、ANA Business Jetは曜日によってC/24席&Y/18席、全てCが38席とかなり大胆な設定の機材です。
Yも通常とは違ってプレミアムエコノミー仕様? その分料金も高めです。
シート幅はCと同じでフットレストもあります。
基本的にはレジャー客よりムンバイに進出している企業のビジネス客がメインターゲットなのは間違いありません。

この路線は格安のCチケットがなく、ビジ割でも50万強します。
さすがにインド線に50万は払えんなぁってことで今回はY席を予約したのですが、ANAさんのご厚意で往復C席にUGしていただきました。
年末年始でお仕事客の方も少ないのか往復ともCキャビンは10名も乗客は居ませんでした。
Cのシートは革張り、ピッチは150cm強(窓3つ分)、リクライニングも水平にはなりませんが160度位まで倒れるのでまあ普通に休めました。
a0086340_1846574.jpga0086340_18472271.jpg
往路は福岡で給油のための降機も含め13時間! ヨーロッパまで行けそうな長時間フライトです。
この機材にはシートTVはないかわりにポータブル・メディアプレイヤーというものがあります。
とりあえず退屈しのぎに、、左写真が装着した図。基本はTVと同じ? 
劇場で見逃した「Eat,Pray,Love」をやっと鑑賞。。感想はno comment。
私の機内での密かな楽しみエアショウはこれでは観れませんが、天井から下がるモニターで確認できます。
右写真はCAさんによると「Hanoiです〜」とのことでしたが、もっと中国の内陸部のような気がする....。
機は中国の昆明~コルカタ〜デカン高原を東から西へ飛行しムンバイへ向かいます。

More
[PR]
by bunga5 | 2011-01-08 19:48 | 旅・その他