<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
南門市場@台北
a0086340_17183269.jpg

中華圏では2014年のお正月は1/31だそうです。先日訪れた台湾で買った幸せを呼び込めそうな『福』の赤い張り紙的なモノ(春联というのか??)。

永康街でお昼〜カフェの屋外テラスでお茶をいただき〜中正紀念堂まで行ったので、MRTに乗る前に中正紀念堂駅上の南門市場に寄ってみました。
こちらは観光客相手というよりは地元の方向け台所的な市場でした。台北ナビの記事

a0086340_17264934.jpg

市場といえどビルディングでして、B1には生鮮食料品、1Fにはお惣菜や台湾の方には欠かせない饅頭類の他、ドライフルーツ、金華ハム、からすみetc.おみやげにOKなモノも一杯あります。
多分市内メインどころで買うより安いかも。ただし市場内はややカオス...私はこちらで金華ハム、からすみ、黒ゴマの粉末? などを買いました。
[PR]
by bunga5 | 2014-01-26 17:39 | 旅・その他 | Trackback | Comments(2)
les suites taipei ching-cheng
a0086340_055467.jpg

年始の台湾旅、1/4から台北で2泊したのはles suites taipei ching-cheng(台北商旅慶城館)
ウチの会社の台湾関係と仕事をしている部署とのコーポレイト料金があり、皆が良いよぉ〜というので泊まってみました。社のスタッフが良いというのは松山空港に近い&打ち合わせがゆっくり出来るラウンジがあるという=仕事目線でのお薦めなのですが、旅行で利用するにもMRT南京東路駅至近、バスを利用すれば中山辺りもすぐです。外来者が利用出来るレストランやBARもないのでわさわさしていない。ただし宿泊ゲストが利用出来るラウンジ・スペースが何カ所かあって、これらががまた素敵なんです。(こちらは追ってまた...)

とりあえず客室編
[PR]
by bunga5 | 2014-01-22 00:49 | 旅・その他 | Trackback | Comments(2)
Krua Phranang @ Rayavadee (Dec.2013)
a0086340_20192385.jpg

Phranang beachでサンセット観賞後は同じbeachにあるタイ料理レストランへ。
a0086340_20212069.jpg

Rayavadeeの予約はLHWを通じて行ったのですが、私はコチラのLeader's clubの会員になっておりまして、room UGやらネット利用や朝食が無料とかのサービスがあります。
今回もお部屋は普通のDLX→Hydro pool PVにUGいただきました。
さらに現地に到着したら、dinnerもお好みのレストランで1回サービスです!と嬉しいお知らせ。
友人とそれぞれ異なった前菜&スープ&メイン&デザートがチョイス出来るとのこと。
我らはタイ料理の標題レストランに。折角だから色々試したくてスープ以外は別のものをそれぞれオーダーしシェアさせていただきました。
a0086340_20294366.jpg

厚かましい我らは到着日にvillaにサーブされたシャンパーニュのフルボトル(確かGOSSET)を持ち込み。(事前に確認はさせていただきました) こちらもcorkage不要でした。何て太っ腹なんだ!!
ランカウイのDataiのタイ・レストランもだけど、こちらも手加減無しのspicy thai foodで満足♪

太っ腹ネタ繋がり。
Rayavadeeは2度目の滞在なのですが、何やらリピーター特典みたいなのがありfood、spaなどが20%offでした。
これはroom serviceやアルコール・ドリンク、島に出かけたエクスカーションまでにも適用されておりました。
普通此の手のサービスはレストランでの食のみ、アルコールはなしね!みたいな感じかと思うのですが、、
さすがタイ! マイペンライ万歳です!!
[PR]
by bunga5 | 2014-01-19 20:55 | 旅・Thai | Trackback | Comments(0)
Bamboo Island Escape
a0086340_17341684.jpg

a0086340_1735944.jpg

12月に滞在したKrabiのRayavadeeでjoinした標題のエクスカーション。
通常ならjoin tourは最低4名参加(@4500バーツ++)、チャーターの場合は14500バーツ++なのですが、当日の参加者は私と友人2名だけ...だったのですが、join tourの料金でspeed boat出してもらえました。おまけにリピーター特典の20%offが適用、ありがたし。。
洞窟レストラン、Grotto前からボートは出発! まずは40分程でBamboo Island 北のMosquito Island(蚊が一杯いるのかなぁ?嫌だ!!)へ。(top写真)
こちらで1回目のシュノーケリング。ボート・キャプテンの他にガイドの方が一名帯同していただいてるので彼に全て面倒みてもらえます。もちろんギアやタオル類も用意されています。
珊瑚はやや白化しておりましたがニモや紫のイソギンチャクやら色々いました。透明度はかなり高かったです。

そしてMosquito Islandから10分程でBamboo Islandへ。2枚目写真はその船中からです。

a0086340_17534436.jpg

a0086340_17541661.jpg

Bamboo Island上陸〜。此処はピーピー島の北にあります。
プーケット辺りからのピーピー島tourに組み込まれたりしてるようなので、意外と人が多かったです。
ガイド君によると小さな売店もあるので買い食いとかも丸腰で訪れても可能な模様。
我らのtour(半日)にはフルーツ・ドリンク類は付いてましたが、Rayavadeeでサンドウィッチをtake away。
ガイド君も一緒に上陸、木陰にマットを敷き、飲食物を整えて下さり〜とりあえず我らがお腹を満たした後島内散策?(beachで遊ぶ)の間は荷物の見張り番をしていただいてました。
写真の整理をしていて気づきましたが、、beachの写真だけで、beachから内陸部を撮ったものが全くありませんでした。相変わらずブロガー失格でございます。
島を一周してみようとチャレンジしてみましたが、島の北側は写真のwhite sandのbeachと違って岩がごろごろ...beach沿いに反対側には行けませんでした。ガイド君によると雨季・乾季のseasonに寄って風や海の状態も変わるので、今回は上陸したKrabiに面したbeachがbetterだそうです。

a0086340_18143219.jpg
往路は遠目にすっ飛ばして航行しましたが、復路は島の近くまで寄ります。
これはChicken Island。鶏の頭部分に似てる?
Krabi辺りからのIsland hopping tourではお馴染みの様です。
我らは此の島を通過した後、もう名前失念したのですが、Poda Islandとの間にある島沖でシュノーケリングをしました。珊瑚はこちらの方が元気だった気がします。
a0086340_18253575.jpg

ロングテール・ボートの後方はPoda Island。
beachで何やらじゅうじゅう焼いてて香ばしい香りが海上まで漂ってきておりました。(笑)
此処まで来ればRayavadeeはもうすぐです。
この辺りでひたすら独りでカヤックを漕いでいた人がいたのですが無事に帰還できたのでしょうか??

a0086340_1835314.jpg

そしてエクスカーション繋がり...
Bamboo島に行った日だったのか?既に記憶失念しておりますが、GM主宰のカクテル・レセプションがPhranang Beachに面するタイ料理レストランKrua Phranangで開催されました。
参加者はほぼほぼ欧人。ワインやカクテルなどアルコール・ドリンクやfinger foodのサービスに加え、spaセラピストさん達もスタンバイ。しっかり10分程首&肩マッサージやっていただきました。
[PR]
by bunga5 | 2014-01-18 18:58 | 旅・Thai | Trackback | Comments(2)
神農街@台南
a0086340_0115153.jpga0086340_0122523.jpg
前トピでUPした台南の神農街。水仙宮市場前前の大通り(海安路二段)を渡り、この赤い建物右手方向に行くと北勢街という表示があった気がします。神農街=北勢街です。

a0086340_0181244.jpga0086340_0183314.jpg
a0086340_0185893.jpga0086340_0192537.jpg
a0086340_019386.jpga0086340_0201428.jpg
元々は貿易を営む商家が軒を連ねていたようです。当時此の辺りには水路があり殆どの建物が2F建て。
昔からそのまま家業を継承されてる所(たとえば一番下写真左は何やら工房のようでした)とかもありますが、
今は我が街=中崎町のように、旧い建物を若者が受け継いで個性溢れるカフェや雑貨屋さんなどにしています。
神農街というだけに通りの一番奥には神農を祀った廟があり、通り中程にも金華府という廟があります。
ひとつの通りに2カ所の廟(お寺的なもの)、台南の街が日本の京都と例えられる所以ですね。
[PR]
by bunga5 | 2014-01-14 00:37 | 旅・その他 | Trackback | Comments(0)
点描@台南
横着して写真メインのUPです。

a0086340_23572692.jpg

台南の神農街は私が住む大阪の街=中崎町に似ています。昔からずっと住んでる住民が多いのですが、新しい世代の方々が旧い建物をカフェや雑貨屋さんに仕立てて若者を呼び込み街を活性化しています。
神農街の写真はまた後日UPしますね。

a0086340_07152.jpg

台南市街のレトロな映画館。道に停まってるラッピング・トラック?までがレトロ。台南にはシネコンはない模様。
ここは台湾の著名な映画監督アン・リー氏(近作はライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)がティーンエイジャー時代に通われてた映画館のようです。

a0086340_0191939.jpg

台南街中にはお寺も著名なものから市場の中にあるトコまで多く、大通りを入るとこんな光景が随所にあります。
お寺に至る道のwall paintがPOPです。...っていうか、めっちゃartしてますね。

a0086340_0253180.jpg

小吃店が軒を並べる街中。店頭にてんこもりに盛られた謎の?草達をブレンドした青草茶を「解毒、解毒...」と呪文の様に唱え毎日飲んでおりました。地元の方々は大きなボトルで購入されてました。

a0086340_0294265.jpg

こちらは滞在ホテル近くの小吃店。何度も通りかかりましたがお客さん居なかったなぁ〜...

点描@台南、また次回もUP予定...
[PR]
by bunga5 | 2014-01-13 00:44 | 旅・その他 | Trackback | Comments(0)
台南のホテル TAYIH LANDIS TAINAN
a0086340_22592527.jpg

a0086340_22583368.jpga0086340_230171.jpg
a0086340_2303854.jpg
台南で泊まったのは標題のホテル。

台南には旧い建物をリノベした個性的なお宿なども色々あるのですが、お初の地で土地勘もないので、今回は街中で歩き回るのに便利なメジャーなトコということでTAYIH LANDIS TAINANにしました。予約したのは一番STDのお部屋でしたが40平米程の広さ。
特筆すべきはシャワーの水圧がとにかく凄い!! 館内WiFiはフリーです。レセプション・ベルマンetc.スタッフの皆さんもフレンドリーでこちらのリクエストにも充分な対応いただき満足。
ランディスは台湾では著名なホテル・チェーンのようですが、ここ台南ではターンダウンのサービスとかはなかったです。リゾートではないのでバスルームのタオル交換とかは個人的に日に1回でOKなので問題無しでしたが。。

滞在中地元の方の結婚パーティがあり、メルセデス、BM、ポルシェやらがホテル車寄せに一杯。。
台南にもお金持ちは一杯いらっしゃるのですね〜。

[PR]
by bunga5 | 2014-01-09 23:38 | 旅・その他 | Trackback | Comments(0)
illumination @ Tainan
a0086340_2115428.jpg

中華圏の電飾が一番賑やかなのは旧正月なのでしょうが、X'masからの流れで台南市街もキラキラしておりました☆
a0086340_216192.jpg

『Love in TAINAN』  台南は台湾の「京都」らしい。。 自分の街が大好き♪ 良い事です。
a0086340_2201481.jpg

a0086340_224872.jpg

消防署=119までlight up☆  下写真左の消防車までです! 地元のカップルが勝手に乗り込んで記念撮影していたり...

台南の街には日本が統治していた頃に建てられたレトロな建物があちらこちらにあります。それらの建物がlight upされ、とても幻想的な光景です。
[PR]
by bunga5 | 2014-01-09 02:40 | 旅・その他 | Trackback | Comments(0)
台湾旅・移動編 @ Jan.2014
a0086340_2249782.jpg

a0086340_22532236.jpg

大阪〜台北、当初は時間も良いキャセイにするつもりだったのですが、Cクラスが割とお得な料金だったので初めてEVA AIRを利用してみました。
EVAといえば上写真のキティちゃんJet(@TPE)ですが、私の搭乗機は往復とも普通仕様でありました。

機材はエアバス332。
もう一便遅いフライトはしょぼいシートのようです。
シート配列は2-2-2、ピッチも割と広めでした。
短時間フライトなのでアメニティはスリッパのみでした。
ウェルカム・ドリンクあり。英・中・日語の新聞各種&文春などの日本の週刊誌も搭載。
a0086340_2362728.jpga0086340_2365661.jpg
a0086340_2365671.jpg機内食です。
上2枚は往路、12:55発なので昼食。
台湾のエアラインならでは「鼎泰豐」監修menu。お肉がちと固い&スープがやや冷め気味でこれは失敗かも。。
復路は朝8:30出発。往路で学習&台湾食続きで胃が疲れてたので和食にしました。
朝食なのですが結構なヴォリューム、お味もまあまあです。
納豆があってびっくり! 京都生まれの私はNG的食なんですが、隣席の台湾人女性は普通に食べてらっしゃいました。(笑)
a0086340_23135479.jpga0086340_23172544.jpg
a0086340_2319056.jpg桃園空港到着後は空港からバスにて高鐵桃園駅まで移動(10分、NTD30)、上写真左の切符売り場で一番早い便の普通車指定席を購入。クレジットカード使えます。(料金はNTD1305) 桃園→台南は1時間半です。
車両は内装含め日本の新幹線と全く同じです。
台南→台北はビジネスクラス(日本のグリーン車)、料金はNTD1995でした。普通車利用で良かったのですが、切符購入のレーンが別で普通車用は結構人が並んでいたので...
こちらはコーヒーやお茶&お菓子がサービスされます。飲み物はお代わりOK! 台南→台北は1時間45分。30分おきに運行されてました。

高鐵台南到着後は台鐵(在来線)に乗り換え、ローカルな電車で台鐵台南駅まで25分。
台鐵台南駅は左写真のようにレトロな感じ。
シャングリラ・ホテルはこの駅のすぐ裏です。
私は街中のTAYIH LANDIS滞在だったので、駅からタクシーで約10分、NTD105でした。
帰りはホテルのすぐ近くから高鐵台南駅まで行けるシャトルバスがあったので利用、所要時間約30分で無料でした。...ってことは逆ルートもあったってことですね。

[PR]
by bunga5 | 2014-01-08 23:38 | 旅・その他 | Trackback | Comments(4)
年始は台南&台北へ Jan,2014
a0086340_21112272.jpg

明けましておめでとうございます♪ (あらためまして新年のご挨拶をさせていただきます)

写真は年始滞在しました台南のホテルTAYIH LANDIS HOTELのロビーのお馬さんデコです。

2014年元旦は実家で過ごし、1/2から台湾(台南&台北)へ出かけて参りました。以下備忘録です。

1/2 BR2131 KIX 12:55- TPE 15:05
  高鐵にて桃園〜台南へ (泊) TAYIH LANDIS HOTEL
1/4 高鐵にて台南〜台北へ (泊) les suites taipei ching-cheng
1/6 BR2132 TPE 08:30- KIX 11:55

BR=EVA AIR

高鐵の新幹線?で台北〜台南を移動しました。車両は日本の新幹線とまるで同じでびっくりしました。
桃園〜台南は1時間半、台南〜台北は1時間45分です。高鐵台南駅は市街地から離れています。
往路は在来線を使い(25分程)〜ローカル線の台南駅からタクシーでホテルまで、復路はホテル近くから無料のシャトルバスがあったのでそちらを利用し約30分位でした。
台南のホテルは隣が新光三越、街の中心で出歩くにもロケーション抜群。近場には小吃店が並ぶエリアもあります。

台北ではles suites taipeiに。MRT南京東路駅至近です。
中山方面へはもっぱらバスを利用。ホテルのroom keyにEasy Card機能が付いてるのでとても便利です。(チェックアウト時に精算します)
小規模で外来ゲストもいないので(レストランとかない)ゆったり滞在出来ます。外出前後に1Fに何カ所かある素敵なラウンジ・スペースでゆっくりお茶やコーヒーいただくのが楽しみでした。

初めて訪れた台南の街の様子、台北の市場探索など...また追ってupして参ります。
[PR]
by bunga5 | 2014-01-06 22:30 | 旅・その他 | Trackback | Comments(2)