タグ:リゾート ( 12 ) タグの人気記事
正しいリゾートの過ごし方
a0086340_2329515.jpg

蒼い海×白砂ビーチ×ヨーロピアン、此処は地中海のリゾート地なのか?な一枚。
ヌサドゥアのゲゲルビーチ@2004年夏です。

The Baleのビーチクラブはゲゲルビーチの一画にあります。
Baleエリアのお隣には日がな焼き焼きしてるヨーロピアンが一杯で、一瞬自分が何処にいるのか?状態。
サヌールでもそうだけど、ヨーロピアンは朝食後から夕方までずーっとビーチで過ごしてます。本を読んだり、おしゃべりしたり、海やプールにもあまり入らない。
ただ灼熱の陽を時間を惜しむ様に浴びています。
本国では冬季の日照時間が短いし、バカンス=日焼けなんでしょうね。
皆少しでも日焼けできるように太陽の動きに合わせてビーチベッドを移動させてます。
ミラノ在住の友人Sもやっぱリゾートではいつも日焼けにいそしんでいます。
事前にたてるスケジュールなんて多分なく、お腹がすいたらご飯、喉が渇いたら飲む、あとはただリラックスするのみ! 
これぞ正しいリゾートでの過ごし方ですね♪
[PR]
by bunga5 | 2008-11-11 23:59 | 旅・Bali
リゾートでの楽しみ
飲ん兵衛的にはリゾートではお昼間からアルコールをいただくのが何よりも楽しみ。
アルコール片手に読書したり、友とダラダラおしゃべりしたり、海をぼんやり眺めたり、、至福の時間です。

a0086340_2215358.jpg
こちらはタンジュンサリ。
左は友人がオーダーしたマンゴーのスムージー。ちょっと味見させてもらったけど美味しかった。友はこれにウォッカがちょっと入れば更に美味いと言ってた。
右のは私オーダーのフローズン・マルガリータ。暑さ故あまりフローズンじゃない&オイラ的にはもうちょっとテキーラ入れとくれな感じでしたが。。


a0086340_222425.jpg
こちらはThe Oberoiのプールサイドでオーダーしたカクテル。
すでに何だったか記憶があまりないのですが、、テキーラ・ベースのものだった気がする。
ここのプールサイドではお水は当然、フルーツの串刺し?や、サングラスを拭いてくれたりで、サービス抜群。
プールやビーチ廻りのスタッフって若手が多い思い込みがあるのですが、ここはオジジなスタッフがしっかり仕切っていました。オジジのさりげない気配りでついついドリンク頼んでしまう・・。絶妙なタイミングでの声かけなんですわ。


a0086340_22385691.jpg
Baliではなくジャマイカ。島の西端ネグリルにあるThe Caves。
10室位のバンガローがクリフ上に建つコージーなリゾート。
オールインクルーシヴなのでいつでも好きなドリンクをいただけ、真っ昼間から蒼い海眺めながら泡漬けな毎日。
極楽でした〜〜☆
[PR]
by bunga5 | 2008-08-05 22:54 | 旅・その他
暑中見舞い?
a0086340_20535172.jpg

蒸し蒸し中@大阪、中四国辺りまでは梅雨明け宣言が出てるらしいのですが、今日も大阪では夕方は降りましたね〜。
鬱陶しさを払拭するためチョイスした一枚はサルディーニャ沖@イタリアの一枚。
こんな海はモルディブやタヒチにしかないと思っていたのですが、ヨーロッパにもあったのです。
5年位前にミラノに住む友人アレンジでサルディーニャのコスタ・ズメラルダというリゾート地に滞在。
現地では予定外だったアイランド・ホッピングのツアーに参加してみました。
サルディーニャからフランスのコルシカ近くまで小さな舟でクルーズ。
参加者は10名程、船中ではオリーブ、チーズや美味しいプロシュート、その場で作ってくれるパスタをワインをお供にランチをいただいたり、無人島に上陸したり、とびきり綺麗で波のないエリアに停泊して泳いだり、、。
正直期待してなかったのですが、、プライベート感ある快適なシップ、素晴らしく綺麗な海に大満足な一日でした。

写真は途中で上陸した無人島。ガイドを兼ねるシップのオーナーがここでウニを獲ってくれました。私たち以外は皆ヨーロピアンなので当然恐くて食べれず状態。
「あら、すいませんね〜」と我らでじゅるじゅるいただきました。(笑)
マジ美味しかったです〜☆
[PR]
by bunga5 | 2008-07-09 21:25 | 旅・その他
雨の日恒例
鬱陶しい日恒例となってる?ビーチ特集。
今日の東京はお天気良かったのに、大阪に帰ってきたら土砂降りの雨。飛行機でたった1時間の距離なのに・・。

今回は予想外のbeautiful beach 2選。
a0086340_23444112.jpg

まずはイタリアのサルディーニャはコスタ・ズメラルダのビーチ。
ボートでアイランド・ホッピングもしたのですが(素晴らしかったです)、、普通のパブリック・ビーチでもこんな感じ。青のグラデーションが綺麗。ヨーロッパではポピュラーな石ころビーチでした。
私が訪れたのは6月でしたが、ピーク期はヨーロッパ中から人が集まり、ホテルは高い&取れないで凄いらしいです。

a0086340_23453457.jpg

ベトナムはホイアン郊外のリゾート「ナムハイ」のビーチ。見事なホワイト・サンズです。眩しいのとビーチからの風が強くてサングラスなしでは過ごせません。
ベトナムのビーチってあまり期待してなかったのですが、ココは綺麗でした。しかし泳いでいるゲストはいなかったです。

何か今年の日本の夏はなかなかかーっと暑くならないですね。エアコンなしでまだ就寝できてますもん。
今朝、泉ガーデン〜スペイン大使館〜ホテルオークラ〜虎ノ門のルートをゆったり歩いたのですが、蝉が鳴いてました。本格的な夏がソコまできているのでしょうか?
[PR]
by bunga5 | 2007-07-21 00:07 | 旅・その他
梅雨入りですね。
近畿地方もついに梅雨入り〜。鬱陶しい気分を吹き飛ばす写真でもUP!
a0086340_032949.jpg

昨夏行ったジャマイカはネグリルのThe Cavesです。海に面したクリフ上に建つリゾートです。ビーチとは違った海の美しさは絶品です。
a0086340_06209.jpg

敷地内に数カ所あるステップを使って海に入ります。入水するのにちょっと勇気が要りますが、、透明度も高く、波に身を委ねてプカプカするのが気持ちイイ〜〜。チャレンジャーのアメリカーンはクリフ上からダイブしてました。
[PR]
by bunga5 | 2007-06-15 00:14 | 旅・その他
南国ちっく
相変わらず寒い毎日。せめて写真だけ眺めて気分は南の島に逃避です。
a0086340_2341196.jpg

ジャマイカ、ネグリルのホテルThe Cavesのビーチ・タオル。
a0086340_23215630.jpg

レストラン内のカウンターです。クラフト感溢れるセッティング。

いずれもポップでいかにもジャマイカって感じ。
アジアのリゾートでは体感できない空気感、ジャマイカでは滞在しているだけでhappyになれました。
[PR]
by bunga5 | 2007-03-20 23:28 | 旅・その他
南国のフルーツ
マンゴーやパパイヤなど南国のフルーツが大好きです。
日本では結構高いのでめったに買いませんが、南国に行った時にはここぞとばかりに食べます。ホント一日中フルーツだけでもいい位。(笑)
a0086340_23153369.jpg

スリランカ、ゴールの街のフルーツ屋さん。店まるごと日本に持って帰りたいくらいです。

a0086340_23192582.jpga0086340_23203920.jpg

左はスリランカのバーベリン・ビーチ・リゾートのWフルーツです。ココナッツが丸ごと、上部をカットしストロー入れて果汁を飲みました。ココナッツの食べ方なんて知らないし。。右はバンコクのスコタイです。ランブータンだけお上品に。フィンガー・ボールのロータスがオシャレです。

a0086340_23264434.jpga0086340_23271392.jpg

ランブータン繋がりでFS@Chiang Mai(これは旧Regent時代)食べ方ガイドみたいなものも添えられています。日替わりで毎日一種類のフルーツが置かれてました。右はバンコクのペニンスラです。結構フツウっぽい。

a0086340_23323237.jpga0086340_23325365.jpg

バリのKKBのWフルーツと敷地内にたわわに実るパパイヤです。(もしかしたらマンゴー?)ビジュアルだけで観た事も無い「青いパパイヤの香り」という映画タイトルが思い浮かんだ単純な私。(そのままや〜ん)

a0086340_23344297.jpg
a0086340_2335673.jpg


左はバリのBegawan Giri、白いシンプルなボウルに盛りつけられています。
右はバリのアマンキラです。ちょっとピンボケ写真ですいません。盛りつけがこんもりとお供え物チックですな。マンゴーを食べたらちゃんと補充されてました。

前のスキン何だか上手く表示されないのでまたスキンを変更してみました。
[PR]
by bunga5 | 2007-02-19 23:54 | 旅・その他
眺めのいいプール
リゾート=まったり=プールですね。
最近では自室にプールがあるvillaも多く、塀に囲まれてればマッ裸で泳げたりして結構気持ちいいのですが、、やっぱプールからのviewは大事なので私はPPにはあまりこだわりません。

デジカメ写真がある眺め○プールをUP!

a0086340_23113214.jpga0086340_23122746.jpg

とりあえず、左はご存知ALILA UBUDの渓谷ビューのプールです。プールに飾られてるチュベローズ存在感アリアリです。対岸にはプリ・ウランダリが見えます。右はメキシコのイスラ・ムヘーレスのプチホテル、Hotel Secretのプール。客室数も少なくてプール・エリアも静か。ここのホテルに面したビーチは波荒気味。

a0086340_2320494.jpga0086340_23202788.jpg
左はオベロイ・ロンボクです。プールの左、ギリ諸島方面に夕陽が沈みます。
右はチェンマイのFSです。プールからはライステラスが。この時は田んぼも青々。このプールの下にはジャグジー・プールもあります。

a0086340_23284979.jpga0086340_23291626.jpg

左はUBUDのクプクプバロン、ロイヤル・スイートのPP。アユン・リバー&渓谷ビューがばっちりです。このホテルのプールで一番の眺めはこのvillaに泊まるしかないです。
右はご存知アマンキラの3段メイン・プール。ココで泳ぐのはかなり勇気がいります。ヨーロピアンの独壇場でした。

写真にはないのですが、都会なら香港のペニンスラやインターコンチのプールからのview。特にペニンスラは屋内にあるので、あの素晴らしい夜景を冬場でも適温のプールから泳ぎながら眺められます。
[PR]
by bunga5 | 2007-02-02 23:44 | 旅・その他
南国の花
アジアのホテルでは室内や敷地内に南国の花が一杯。

a0086340_0165015.jpga0086340_0172011.jpg
タイでは蘭が主流?タイ航空では女性客には蘭のコサージュがプレゼントされますもんね。
左はペニンスラの庭です。正面玄関にも巨大な蘭のアレンジメントがありました。
右はスコタイの室内。シックな部屋にマッチした白い蘭の鉢物。

a0086340_023463.jpg
フォーシーズンズ・チェンマイのアレンジメント。
これはマリーゴールドがメイン。かなり手がこんでます。
他にもロータスとか色んなパターンがあって楽しかったです。

a0086340_0264455.jpga0086340_2048167.jpg

バリではチュベローズ(スタッブマラム)。夜になるととってもイイ香りがする大好きな花。
左はアマンキラ、気前良く50本以上がGMの手書きのメッセージカードと共に各villaに届きます。
右はクプクプバロン、本数は少ないけど、リビングやバスルームなど随所に飾られています。



a0086340_0352394.jpg
a0086340_0354879.jpg

そして王道はフランジパニ。各ホテルの敷地内にはほとんどあるし、ホテル室内のバス・アメニティやベッドなどに花弁が添えられていて幸せな気分になります。
右はALILA UBUDのロビーのこんもりアレンジメントです。

a0086340_0421639.jpg最後はこれどーなん?のKKBのウェルカム・フラワーです。何か仏様用みたいなアレンジメントではないですか?でも一応業者に発注してるようで、、フロントに届けられているのを目撃したことがあります。
日本でもデンファレなんかは簡単に手に入るし、日持ちもするので結構買うのですが、チュベローズは夏場にちらっと出るだけで、おまけに1本が高いのでなかなか飾れないのが残念です。一時フランジパニもベランダで育てようとしたのですが、日照不足のためか?死亡してしまいました。。
[PR]
by bunga5 | 2007-01-30 01:02 | 旅・その他
リゾート気分
今日仕事の合間に立ち寄った新古本を売る店で即買いした2冊。
アジアのリゾートホテルや個人の邸宅を撮ったビジュアル本です。

a0086340_0131393.jpg

「Island Style」 
こちらはインドネシアのリゾート・ヴィラ、個人の邸宅がメインです。表紙がBegawan GiriのTirta-Eningのベッドルーム。
私が滞在したBegawanのTejasuaraも10P位紹介。
アマンジヲやトゥグ・バリなどなど、、また素敵な個人の邸宅もいっぱい。
中には以前アマンジォ、今は確かインドのアマンのGMのF・リシェリ氏のお宅もあって大変興味深いです。

a0086340_0202738.jpg

「Tropical Asian Style」
こちらはタイ、マレーシア、シンンガポール、インドネシアなど東南アジアの住宅建築を70軒ほど紹介。
どの建物もため息が出るほど素晴らしいです。
また建築物だけではなく、アジアの工芸品も色々紹介されています。
アジアの家具や雑貨、布などが大好きなので、インテリアなどは大変参考になります。





どちらも200Pくらいあり、写真は当然のことテキストも充分あってかなり見応え&読み応えあります。1冊が3800円と3200円の上代がついてましたが、、2冊で2500円ほどでした。
この本たちを眺めて暫く現実逃避できそうです。(笑)
[PR]
by bunga5 | 2006-11-15 00:40 | 日々のコト