2009年 08月 25日 ( 2 )
ルアンパバーンという街
a0086340_2104487.jpg

ラオスは中国の雲南、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジアに囲まれた海のない国。
ルアンパバーンはメコン川とカーン川に囲まれた95年に世界遺産に指定された街。
街中には多数の寺院があり、その内32が当時のまま保存されています。
街にいる僧侶は約1200名だそう。
フランスの植民地だった名残でフレンチ・コロニアルな建物、ラオ風の民家が街中に混在していて何ともエキゾチック&ノスタルジックな雰囲気です。
夕刻過ぎればメインストリートにナイトマーケットが登場、美しい刺繍を施した小物、山岳民族の織物、骨董品まがいのグッズなどが所狭しと並べられます。

空港から街までは長閑な風景の中を車で走る事約10分と意外に近い。
Amantakaのスタッフは直接ホテルに向かわずにゆっくりと街を走ってくれて「ココは○○」「ココは○○、ホテルからも歩いて○分位ですよ」とざらっと案内してくれました。
これは街のアウトラインを把握するには随分と助かりました。

Amantakaにはいくつかのエクスカーションも有料で用意されてますが、此処は街中にあるので寺院巡りやプーシーの丘に登るのは気の向いた時に自分で普通に歩いて行けます。
郊外のパークゥ洞窟やクアンシー滝等見学、メコン川のサンセット・クルーズ等もありましたが、料金設定がsuite単位(2 pax)なので一名参加だと割高です。

More
[PR]
by bunga5 | 2009-08-25 21:41 | 旅・その他
キャセイの新シート
明日まで自宅軟禁中です。
そして旅レポの続きを、、いきなり日本出発時に戻ります。

a0086340_12502992.jpga0086340_12504310.jpg
今回のインターはキャセイです。
香港乗り継ぎでバンコクまでは昨年夏行ったコロンボからの復路チケットを利用。(BKK→CMBはキャンセル)
出発当日インターネット・チェックインした際にどうもシートの配列が違うな〜と思ったのですが、時間もないので適当に選んで空港へ向かいました。駐機してた香港行きは747-400、やっぱり機材変更でした。すでにWebチェックイン済ましてましたが、カウンターのスタッフさんにお願いしてアッパーに変更してもらいました。
新シート、実は2年前くらいから登場してるんですが、当たったことなかったのです。
アサインされたのはアッパーの最前列。右写真の青いカーテンの向こうがコックピットです。
各シート(@アッパーデッキ)は両サイドに1列ずつハの字状に配列?されています。
それぞれのシートがパーティションで仕切られていてプライバシーは一応保たれるのですが、何か圧迫感があります。メタボ系米人男性とかきついんじゃない?とか思います。
シートはぐぃ〜んと倒れ&伸びて前のオットマンと繋がってベッドになる仕組み。このオットマンは普通のシート・セッティング時も足を伸ばせて楽ちんだし、同行者がいる場合、此処に座って対面でおしゃべりしてる人もいました。
個人的難点はシートの背もたれの後部に窓があるので昼間の機内がやや暗い&景色が見えないこと。飽きるとはいえお昼間フライトだと窓におでこをくっつけて景色眺めてるコドモ体質な私には残念。

More
[PR]
by bunga5 | 2009-08-25 13:48 | 旅・Thai